海すずめ

お届けします。地元の魅力を!

愛媛県の宇和島伊達400年を記念して製作された青春ムービー。同県出身の大森研一監督がメガホンをとり、宇和島の歴史や魅力を詰め込みながら、図書館自転車課で働く女性の奮闘を爽やかに描く。小説家としてデビューしたものの2冊目を書くことができず故郷の宇和島市に戻ってきた雀は、市立図書館の本を自転車で運ぶ仕事をはじめる。ある日、彼女は常連客のトメから、かつて市立図書館の前に私立伊達図書館があったことを聞かされる。トメ自身もそこで働いていたが、図書館は空襲で全焼してしまったのだという。一方、町では「伊達400年祭」の武者行列で使用する着物の刺繍模様を復元するため、資料となる「御家伝来の本」を探して大騒ぎに。そんな中、図書館の自転車課が廃止寸前に陥っていることが発覚する。

原題:海すずめ / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年7月2日 / 上映時間:108分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:大森研一
脚本:大森研一
撮影:今井哲郎
音楽:中橋孝晃

★【キャスト(キャラクター)】
武田梨奈(赤松雀)、小林豊(岡崎賢一)、内藤剛志(赤松武男)、岡田奈々(赤松京子)、目黒祐樹(赤松辰三)、宮本真希(兵藤秀子)、二階堂智(原田貴之)、佐生雪、上野優華、佐藤永典、野川由美子、小峠英二、西村瑞樹、赤井英和

【無料動画】

武田梨奈主演/映画『海すずめ』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年8月3日) 
少し停滞気味の可愛い主人公が、あれこれあって成長し前に進んで行くドラマが観たかったので、まさにうってつけの映画でした。ストーリー展開に言いたい事はあるのだが、主人公達の気持ちは自分にも置き換えられるので感情移入する事で目を瞑れます。変に恋愛模様にならなかったのも良かったし、主人公のその後は自分が思っていた更に次へと進んでいたのがより好感を得ました。自転車で図書館の本を届けるところがあるって、素敵です!そんな仕事があるなら私も働いてみたい!人の温かさも感じられました。400年祭のシーンを取り入れるところは苦心してるかな、と感じたり、図書館員の目から見ると突っ込みたくなるシーンもあるけど、1回目より2回目が味わい深く観られたのは、素晴らしい俳優さんたちの力が大きいと思います。
名無しさん(2016年8月5日) 
宇和島の風景がこれほど綺麗に見ることができるんだと感心しました。ただのご当地映画だと侮っていたのですが、宇和島市出身者でなくてもほっこりすることが出来ます。美しい海、山、穏やかな人たちに囲まれた主人公が奮闘する姿を綺麗に描いています。作品の途中で何度か涙しそうになることも…。主演の武田梨奈さんは、上手に演じていたと思うし、監督も上手く映像にしていると感じる。じっくり役者の表情を読み取ると、この映画はもっと面白いし、本当の意味で感動できると思う。