ゾンビーバー

ゾンビなビーバーがおバカな若者を襲う!

放蕩な若者たちがゾンビ化したビーバーに襲われる様を描いたホラー。プロデューサーには、「ハングオーバー!」シリーズを手がけた製作陣が名を連ねる。ある時、田舎町を走るトラックの積み荷から汚染廃棄物がこぼれおち、ビーバーの生息する湖を汚染してしまう。一方、湖の近く小屋ではメアリー、ゾーイ、ジェンの3人が女子会キャンプを開いていた。そこへそれぞれの彼氏や元彼であるサム、トミー、バックの3人組が現れ、現場は乱痴気騒ぎに発展。そんな中、ジェンがバスタブで凶暴なビーバーに襲われるが、トミーがビーバーを撲殺する。しかし翌朝になると、そこにあるはずのビーバーの死体が消えており…。

原題:Zombeavers / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2015年7月11日 / 上映時間:77分 / 製作会社: / 配給:武蔵野エンタテインメント、インターフィルム

★【スタッフ】
監督:ジョーダン・ルービン
脚本:ジョーダン・ルービン、ジョン・カプラン、アル・カプラン
撮影:ジョナサン・ホール
音楽:ジョン・カプラン、アル・カプラン

★【キャスト】
レイチェル・メルビン、コートニー・パーム、レクシー・アトキンズ、ハッチ・ダーノ、ピーター・ギルロイ、ジェイク・ウィアリー

【無料動画】

ゾンビになったビーバーがあらわれた!どうする?映画『ゾンビーバー』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月7日) 
ゾンビっているじゃないですか。皆さん、知ってますよね。ゾンビといえば死体の人間がウロウロしているやつです。でも人間だけじゃなく、動物もゾンビになるときがあります。犬とか。確かに人間よりも動物の方が絶対にゾンビ化したら強いやつはたくさんいます。でも、この映画、なぜか数ある動物のうち、選んだのは「ビーバー」です。ビーバーって怖いかと誰もが疑問に思うところ。そして、本作で知るのです。ビーバー、めちゃくちゃ怖いのだと。
●SPACEMOV (2016年1月24日) 
ただゾンビ化したビーバーが人を襲うのだろ?と思ってました。きっとビーバーだから木をかじったりして、いろいろ妨害してくるし、泳いでいるから、水中にも引きずりこめるし。ゾンビーバー、バカなネタだけどまあまあ面白いじゃないと。ところが、まさかの展開に口があんぐりです。そういうことなの?と絶対にツッコミを入れたくなりますよ。バカの上をいくバカ。その発想を思いついていたか、ならこれは制作陣の勝ちだ。私はそう思ったのでした。
●DAILYMOTION (2016年5月26日) 
性欲に支配されて頭の中がピンク色の女子大生3人が、森の中の湖畔の別荘にやってきてセックスしてたら、はい、ゾンビーバー。やたら露出度の高い女子大生たち&おっぱいというサービスも欠かさない本作。そんなクズなアホに襲いかかってくる、ぬいぐるみ感満載のビーバーは怖くないどころか、可愛いくらいです。なんでもぬいぐるみ制作は日本だとか。アメリカ映画はバカだなと思ったら、日本もがっつり関わっていたのか。共犯でしたか。