最後まで行く

絶体絶命の悪徳刑事に逆転のチャンスはあるか?

原題:A Hard Day
製作:韓国(2014年)
日本公開日:2015年5月17日
上映時間:111分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

ひき逃げ事故の隠蔽工作を図った刑事が窮地に追い込まれていく姿を、「アバンチュールはパリで」のイ・ソンギュン主演で描いたクライムサスペンス。殺人課の刑事ゴンスは母の葬式の日に急な連絡を受け、慌てて警察署へと向かう。その途中、不注意から通行人の男をはねてしまった彼は、男の遺体を隠すため母の棺桶に入れて一緒に埋葬する。ところが、事故の一部始終を目撃したという謎の男チャンミンから脅迫を受けるようになり、次第に追い詰められていく。

★【スタッフ】
監督:キム・ソンフン
脚本:キム・ソンフン
撮影:キム・テソン
音楽:モク・ヨンジン

★【キャスト】
イ・ソンギュン、チョ・ジヌン、シン・ジョングン、チョン・マンシク、シン・ドンミ

【無料動画】

「最後まで行く」予告編

「最後まで行く」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年2月1日) 
警察官が人を轢き殺してしまい、それを隠蔽する事から始まるサスペンス。この衝撃的なスタートから物語はどんどん加速度的に二転三転していき、常にどうなるかわからずハラハラする。さすが韓国映画!ともろ手を挙げて喜びたくなる作品である。しかも、轢かれた男は指名手配中の罪人だから、いろいろとヤバいことだらけ。まさに罪が罪を連鎖して生んでいき、「最後まで行く」しかなくなる。普通に楽しい緊迫作品を観たいならこの映画はベスト。
海外さん(2016年2月24日) 
目が離せなくなる。この映画はローラーコースターに乗っているので、もっとうまくいく。この映画は、ダークコメディ、アクション、スリラーの要素をスムーズかつ巧みにバランスさせ、独創的なセットを提供し、ペースが速く効果的なサスペンスも提供します。この映画は、観客を笑わせたり、嘲笑したり、紆余曲折の中で興味をそそられる場面はもちろんのこと、ショットを無駄にしない。それは最初から最後まで緊密に傷ついており、今年はあなたが映画で持っている最高の時の1つになるでしょう。