神様はバリにいる

動画『神様はバリにいる』を無料視聴

原題:神様はバリにいる
製作:日本(2014年)
日本公開日:2015年1月17日
上映時間:106分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

単身でインドネシアのバリ島へ渡って起業し、大富豪になった丸尾孝俊との出会いなど、著者の体験をもとにつづられた「出稼げば大富豪」(クロイワ・ショウ著)を原案に、バリで暮らす日本人大富豪が独自の哲学で周囲の人々の人生を変えていく姿を描いた。「デトロイト・メタル・シティ」の李闘士男監督がメガホンをとった。婚活ビジネスに失敗して多額の借金を抱えてしまった元起業家の祥子。失意のままにバリ島へやって来た彼女は、謎めいた日本人の大富豪アニキと出会う。「爽やか」を自称しながらも胡散臭そうな雰囲気を醸しだしているアニキは、現地の人々からは厚い信頼を寄せられていた。そんなアニキのもとでお金持ちになるための人生哲学を学び、再起を図ろうとする祥子だったが、アニキのあまりにも型破りな教えに次第に疑問を抱くようになり…。

★【スタッフ】
監督:李闘士男
脚本:森ハヤシ
撮影:神田創
音楽:安達練

★【キャスト】
堤真一、尾野真千子、ナオト・インティライミ、菜々緒、玉木宏

【無料動画】

「神様はバリにいる」予告編

「神様はバリにいる」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2015年2月3日) 
観ると前向きになれる良い映画。ご都合主義な展開に感じる人もいるかもしればいが、この日本人富豪には実在のモデルがいる。そう思って観れば、素直に前向きになれる。仕事でうまくいかないとき、心に染みる!ほろっと泣ける。純粋にいい話で、それができるかできないかが道を分けるんだとほんとに思う。人との繋がり、ご縁、感謝。それで何かが変わるのだと思う。是非バリに行きたいと思った。それにしても堤さん、弾けすぎ! 最初からぶっ飛ばしてます。尾野真千子さんも頑張ってました。所々出てくるバリの町もキレイでしたね。笑って泣いてまた笑ってと忙しい、いつの間にか忘れてしまった大事な事を思い出させてくれた映画でした。
名無しさん(2015年2月7日) 
堤真一と尾野真千子の全力の演技が気持ち良い。ナオト•インティライミの、空気が読めないダメな男の役もハマっていた。全体的には笑いを中心にしながら、ハウツー本がベースとなっていることもあり、自己啓発の要素も多分に含まれている。また、照川祥子がアニキに教わったことをそのまま返してアニキを励ましたり、兄貴立幼稚園の建設を再開すべく、アニキに助けられた人々が集まってくる終盤は感動する。バリでの生活を疑似体験できるという意味でも良かった。この映画をキッカケに、人生を成功する人が増えそう。自分も映画で学んだことを実践していきたい!観終わって「気分爽快MAX!!」と、アニキのように言ってみたくなるような楽しい映画です。