ドライヴ

圧倒的な映像でおくる、ある男の生き様

「きみに読む物語」「ブルーバレンタイン」のライアン・ゴズリング主演で、昼はハリウッド映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手として働く孤高の天才ドライバーが、愛する女性を守るため裏社会を相手に命がけの戦いを繰り広げる姿を描いたクライムサスペンス。

原題:Drive / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2012年3月31日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

映画『ドライヴ』予告編

映画『ドライヴ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本:ホセイン・アミニ
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽:クリフ・マルティネス

★【キャスト】
ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン

★【感想・批評】

●映画フリー
オープニングからネオンな文字の羅列に普段は聞かないようなジャンルの音楽にライティングの斬新さに全てがパーフェクトな素晴らしい作品。最初のカーチェイスシーン。情報を取りながら強弱をつけて鮮やかに逃げ切る。華麗なステップでドリブルで相手を交わすが如く。そして、エレベーターでの残虐シーン。この2つの斬新なシーンだけで記憶にとどまる。2人の悪役のキャラクター、バーニーとニーノ。まさにはまり役。カッコいいというしかない。
●無料ホームシアター
いや~このセンス、参った。覚悟を決めたシャノンとのバーニーのやりとり。その冷静なやり口。驚愕もの。これでライアン・ゴズリングに夢中になった人は数多だろう。エレベーターのシーンがカッコよ過ぎて夢中にならないという選択肢がない。よく考えれば変なところは多いし、ノリノリで殺している感じもないではないが、この中二病的ですらある世界観がいいのですよ。エキサイティングなんて次元ではないほど、スクリーンにのめり込みました。
●SPACEMOV
冒頭から鳥肌がたつ、音響。夜や昼間に問わず溢れる色と音楽の洪水に身を委ねていると、不意の強烈なスローモーションに呆然とする。シンプルなストーリーがさらに印象的な映像を引き立てる。とにかくセンスが良すぎる。脱帽です。主人公の恋模様だけでなく秘められた暴力性などがいいバランスに描かれていました。また、音楽も素晴らしくとても見やすい映画でした。普通の作品ではないし、語るコミュニケーションもゼロ。でも伝わるのです。
●SHAREVIDEOS
ハマった。映画館で観た時の衝撃は凄かった。少々、暴力描写が激し過ぎて飛び散る血の量が増えてしまったけど、純愛映画の傑作としてもっともっと世の人たちにも見て貰いたい作品です。カーアクション映画ではないのでタイトルに騙されないように。スマートなドライビングテクニックとは対照的に、愛する女性の守り方は不器用きわまりないという反面性がポイント。ハンドルは握れても、女性にキスするのは一度しかできない。そんな男の物語。