リベンジ・リスト

リベンジ・リスト

ジョン・トラヴォルタ主演。復讐して何が悪い

『イレイザー』、『スコーピオン・キング』のチャック・ラッセル監督が、ジョン・トラヴォルタを主演に迎えて贈るクライム・アクション。数々の殺しを請け負ってきた過去を持つ特殊部隊の元工作員で、現在は車の修理工として普通に働くスタンリー・ヒルは、ある日、目の前で強盗に妻を殺害されてしまう。容疑者は逮捕されるが、裏社会とのつながりを持つ悪徳警官により釈放され、事件は闇へと葬られる。妻を守れなかった無力さ、そして理不尽な社会への怒りから、スタンリーは封印していた過去の殺人テクニックを駆使し、復讐の鬼と化す。

原題:I Am Wrath / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年6月17日 / 上映時間:92分 / 製作会社: / 配給:ギャガ・プラス

★【スタッフ】
監督:チャック・ラッセル(関連作品:『スコーピオン・キング』)
脚本:イヴァン・ゴティエ、ポール・スローン
撮影:アンジェイ・セクラ

★【キャスト】
ジョン・トラヴォルタ、クリストファー・メローニ、アマンダ・シュル、サム・トラメル、パトリック・セント・エスプリト

【無料動画】

6/17(土)公開『リベンジ・リスト』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画FUN (2016年7月2日) 
憤怒のトラボルタが暴れだす。これは邦題がまずかった。原題は「I Am Wrath」。こっちのほうが絶対に映画に合っている。復讐に憑りつかれて敵をバッタバタとなぎ倒していく系の映画は多いが、今作は主演が主演だけにそこまでキレのあるアクションは期待していなかった。しかし、意外にも本作はバディ・ムービーで昔の相棒役のクリストファーメローニが良い味を出していた。最初からそういう売り込みで行けば、違った評価にもなったろうに…。
●OPENLOAD (2016年7月5日) 
肝心の敵や黒幕がザコ過ぎて中盤以降はちょっと肩透かしでしたが、ジョン・トラヴォルタもだんだんセガールっぽい方向で行くのでしょうかね。B級好きな人なら大好物なはず。もちろん大作系のアクションとは比較してはいけないですよ。もっさりしつつ頑張っているが、チートな相棒役のクリストファー・メローニが素敵過ぎで、個人的にはGOOD。メタボのおじさん的な雰囲気を隠しきれていないトラヴォルタですが、そこも生温かく見守りましょう。
●SPACEMOV (2016年7月8日) 
ストーリーは王道中の王道。俺の大切なものを奪いやがって、殺す!みたいなやつ。映画自体の構成もシンプルで、90年代以降に量産されまくって飽きたようなストーリーでしたが、1時間20分くらいでサクッとまとまっていたし、後味スッキリなので暇な方にはまあまあオススメの部類に入るかな。ベビーシッターが可哀想すぎる件、相棒の贅沢な武器コレクションが全く役に立ってない件、娘が冷静で優秀すぎる件などツッコミもたくさんありますけど。