銀座並木通り クラブアンダルシア

動画『銀座並木通り クラブアンダルシア』を無料視聴

原題:銀座並木通り クラブアンダルシア
製作:日本(2014年)
日本公開日:2014年9月13日
上映時間:92分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

テレビドラマ化もされた「夜王」「女帝」「嬢王」など、ネオン街の夜の世界を描いた漫画作品の原作を多数手がける倉科遼の原作・脚本で、銀座の高級クラブで織りなされる人間模様を描いた大人のヒューマンドラマ。銀座で唯一の男性オーナー、奥澤健二が支配人を務める「クラブアンダルシア」に、ある日、増田という男が現れる。初めての夜の銀座に戸惑いながらも、増田はベテランホステスの恭子を見つめていた。恭子は15年前、好意を寄せていた客が事業に失敗し、「また銀座に戻ってくる」という言葉を信じて去っていった過去があり、いまでもその客の言葉を信じて働いていたが…。

★【スタッフ】
監督:和田秀樹
脚本:佐上佳嗣、和田秀樹、倉科遼
撮影:岩松茂、三栗屋博、今泉尚亮
音楽:三枝成彰

★【キャスト】
松方弘樹、姿月あさと、江口ナオ、渡辺大、岩間天嗣、佐藤乃莉、阿部祐二

【無料動画】

映画『銀座並木通り クラブアンダルシア』予告編

映画『銀座並木通り クラブアンダルシア』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2014年10月3日) 
和田監督は「マルサの女」などの伊丹十三監督の作品がお好きなようで、専門的な映画だけど知識も増え更にその中に娯楽性があって面白いというような事を仰っていたんですが、この映画もそういう感じで作られていました。原作は「女帝」シリーズの倉科遼さん。お話としては女帝の中にもありそうなお話でしたが、設定が少し変わっててお店の支配人が男性です。実際の銀座でも少なかったようで、実在の人物(奥澤健二氏)をモデルにして松方弘樹さんが演じています。松方さんの渋くてカッコいいオーナーとそこで働く姿月さん演じる恭子。すごく良かったです。大人のドラマです。最後の歌も雰囲気があって、いまからクラブに行きたくなりました。
名無しさん(2014年10月6日) 
主役の姿月あさとさんは、少しおどおどした感じで、かつてお店のNo.1ホステスだった感じには見えなかったですけど、影のある感じは出ていました。ライバル店のママのあいはら友子さんはいじわるな感じがよく出てました。ただライバル店が場末のスナックみたいな雰囲気でしたが。支配人役の松方弘樹さんとチーママ的な役の鶴田さやかさんとのツーショットは痺れますね。何せ鶴田浩二さんのお嬢さんですから。スッキリの阿部レポーターも元々は俳優さんですからいい味出してたと思います。映画はなんとなく昭和っぽい感じもしましたが、92分でサクッと見れますし退屈なシーンもなかったのでよかったと思います。ポスターには松方弘樹がデンと映っていますが、ほかの役者もとても良かったので注目です。