その街のこども 劇場版

あの日の出来事が今も私たちの人生に引っかかっている

阪神・淡路大震災から15年目にあたる2010年1月17日にNHKで放送されたドラマを、新たな映像を加えて再編集した劇場版。主演は実際に震災を体験している森山未來と佐藤江梨子。子どものころに震災を体験し、現在は東京で暮らす勇治と美夏。2人は“追悼のつどい”が行われる前日に神戸で偶然知り合い、15年目の朝を迎えるまで時間をともにすることに。復興を遂げた真夜中の神戸で、これまで語ることのできなかった2人の思いがあふれ出す。

原題:その街のこども 劇場版 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2011年1月15日 / 上映時間: / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『その街のこども 劇場版』予告偏

映画『その街のこども 劇場版』予告偏


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:井上剛
脚本:渡辺あや
音楽:大友良英

★【キャスト】
森山未來、佐藤江梨子、津田寛治

★【感想・批評】

●映画FUN 
とても考えさせられる良作でした。思い出で語るのではなく、被災者として語る。これは阪神大震災を風化させないための映画なんだと思うと、非常に感慨深い。定期的にテレビ放送すべきなんじゃない? 森山未來くんの演技が上手い。こんなヤツいるよな~って感じの嫌な、でも、どことなく自分とも似ているような、そんな絶妙なキャラを演じていました。この過去から絶妙に距離をとっている感じは実際にありますよね。そして被災者の立場でもあって…。
●映画の無料動画で夢心地
前半の二人のぎこちなさ、決して意気投合している訳ではないけれども、薄々気づいている、互いに抱えているであろう過去の記憶という共通項。ドラマとして、徹底して落ちていってもおかしくない、暗さや深刻さのトーンだけで色塗られてしまいそうな部分を、ギリギリのところで回避している脚本の妙。終盤のあの晴れやかな希望はなんだろう。救われたわけではないのに、前に勧める気がするのはなぜなのだろう。きっとそれは確かな一歩になるはずだ。
●BILIBILI 
森山、佐藤の自然体を地でいく爽やかな演技も楽しませていただいたが、それ以上に本作で光るのは、脚本、渡辺あやの作り出す気持ちよさにある。良い意味での田舎臭さが今作でも見事にはまりこんでいる。現代の脚本家において、ここまで自然に、無駄なく方言を使いこなせる名手はそうはいない。何気ない言葉の中にあるやるせなさ、苦しさ、相手に対する優しさが違和感なく、穏やかに物語の中にしみだしてくる。街は発展した。でも心は留まっている。
●DAILYMOTION
練りに練った硬い台詞のもつ重い雰囲気も大事だが、これだけほんわかと柔らかく幸せが溢れ出す関西弁もまた捨てがたい。震災を超えて、それでも生きていく若者を突き放さず、寄り添い過ぎず、微笑んで見守る。何かと沈痛な同情が付きまとう被災者を描く物語とは違う開放感は、非常に心地よい。何度も見たくなる映画だ。ぜひ震災を描いた作品で、暗いだけのシリアスを見たくない、もっと明るい気持ちになるものがいいのなら、これがベストだ。