シングルマン

英国アカデミー賞で主演男優賞を受賞

世界的ファッション・デザイナーとして活躍するトム・フォードが長編映画初監督に挑んだ話題作。1964年に発表されたクリストファー・イシャーウッドの同名小説を原作に、長年のパートナーを亡くした50代のゲイのイギリス人大学教授の愛と葛藤を描き出す。1962年のキューバ危機下にあったロサンゼルス。長年の同性愛の恋人だったジムを8ヶ月前に交通事故で失い、生きる価値を見失っていたイギリス人の大学教授ジョージはピストル自殺を企てる。大学のデスクを片付け、弾丸を購入。「ネクタイはウィンザーノットで」と遺書をしたため、準備を進める。しかし、そんな彼に近づく学生がいた。

原題:A Single Man / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開日:2010年10月2日 / 上映時間:100分 / 製作会社:Artina Films / 配給:ギャガ

★【スタッフ】
監督:トム・フォード
脚本:トム・フォード
撮影:エドゥアルド・グラウ
音楽:アベル・コジェニオウスキ

★【キャスト(キャラクター)】
コリン・ファース(ジョージ・ファルコナー)、ジュリアン・ムーア(シャーロット)、ニコラス・ホルト(ケニー・ポッター)、マシュー・グード(ジム)、ジョン・コルタジャレナ(カルロス)、ジニファー・グッドウィン(ストランク夫人)

【無料動画】

映画『シングルマン』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2010年11月12日) 
コリン・ファースの演技が素敵すぎる一本!! 同性愛だからこその障壁を描きつつ、まさしく“愛”を描くストーリーに合わさる演出効果がいちいち素敵…初めの口づけを回収するラストのシーン、スーツに身を包み笑顔で去っていくジムは死神のようでもありました…そのジムの青い瞳がとても印象的。コリン・ファース好きならよだれが止まらない大変美味な一作でした。う~ん、もう1回見て、おなかを満たそうかな。
映画フリー (2010年11月15日) 
一人の中年のゲイ男性の人生の最後の一日を描いただけの映画というと、それだけですがコリン・ファース演じるジョージが死ぬほど高いいい男のイギリス人教授というのが凄い。死に装束はウィンザーノットでじゃねえよクソ格好いい。冒頭の行くことの出来なかった幻想の恋人との分かれから始まり、朝のシーンも凄く格好良くて心わしづかみにされる。便器に座ってても格好いいんだからコリン・ファースはずるい。
STREAMIN (2010年11月19日) 
自殺を考えてあれこれする男の物語。自殺のためにああでもないこうでもないと格闘する中年はどこか切なく滑稽。しかし悲しいかな、生きる意欲を取り戻した時には…。コリン・ファースとなら一緒に生きたいという人はごまんといるだろうに…。ほんと理不尽だな~。それでも彼が死を選ぶのは、彼自身が一緒に生きたいと思う人が見つからないからなんだよね。周りからいくら愛情を示されても意味はない。そんな悲しい男のサガなのかもしれない。