エイトレンジャー

俺たち、エイトレンジャー!

人気アイドルグループ「関ジャニ∞」が、2005年12月のコンサート「関ジャニ∞ Xmas パーティー2005」で初演して以降、各地のコンサートでご当地ネタなどを盛り込みながら、戦隊パロディとして7年間にわたり上演を続けてきた名物コーナーを、「20世紀少年」の堤幸彦監督のメガホンで映画化。荒廃した近未来都市エイトシティーを舞台に、「関ジャニ∞」メンバー7人が演じるヒーロー「エイトレンジャー」が、テロリスト「ダーククルセイド」に立ち向かう姿を描く。

原題:エイトレンジャー / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年7月28日 / 上映時間:110分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:堤幸彦
脚本:高橋悠也
撮影:斑目重友
音楽:長谷部徹

★【キャスト】
横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義、舘ひろし

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
関ジャニさんのかけあいが好きなんで爆笑しながら見れちゃいました。ストーリーよりも、個性溢れるエイトレンジャーがいい。ちょっとゆるい感じがいいんですよね。堤幸彦監督好きなんで、最後まで楽しめました。ベッキーさんがシリアスな役どころで新鮮でしたね。どこを楽しむか、好き嫌い分かれるとおもいますが私は、面白いって感想なんで好き!なテイストなんでしょうね。関ジャニさん好きな方なら間違えなく笑えます。
●映画フリー 
そんなにファンではないけどすっごく笑っちゃいました。彼らの魅力なんでしょうね。アイドル映画と思えばこれが一番いい構成なのかもしれません。とりあえず関ジャニファンからすれば7人が見られる映画なんて最高でしかないですし、ファン目線で作られた一作としては最高の完成度。こういう作品が定期的に生み出されれば、本当にずっと幸せな気持ちになれるのに。完全にネタですけど、エイトレンジャーがさらにパワーアップしてくれることを信じてます。
●SPACEMOV
関ジャニのファンではありませんが、評判が良かったので視聴。堤さんはジャニーズの逸材を見出すのが上手いなあと関心。横山氏とても演技上手くてびっくりしました。あとは悪役の東山氏とベッキーもはまり役!!悪役に関しては、どちらも裏切られた事を機に激しい憎悪が生み出された事が興味深いなと。憎悪の裏には愛を裏切られたという正反対の気持ちがある訳で。仮面をつけないと壊れてしまう不安定さを演じたベッキー。やっぱり上手いんだな。
●VIDEOEYNY
良かったですね。復讐を果たした後の笑いは見事でした。そして父からの愛を与えられず冷徹な思想を創りあげた美しいまでのイッちゃってる感を醸し出した東山氏の名演が良かった。関ジャニメンバー全員がバランスよく活躍してる感じではないのは気になりますが、なにか意図があるのかな。人生の落ちこぼれ達が選んだヒーローという職業という設定がアイドルとして日本で羽ばたいたリアルな彼等とシンクロしていくような気がしてまたいいのです。