インデペンデンス・デイ2014

人類よ、これが最期だ

地球最期の日は、突然やって来た。世界各地で、巨大戦闘マシンが地下から出現、宇宙からは膨大な数のUFOが襲来。ホワイトハウスは炎上、アメリカ軍は壊滅。侵略者は地球環境を変える有毒ガスを放出し、人類の滅亡は目前に迫る。ガーセット大統領、弟のピート、地球外生命体の専門家セリアは、エイリアンのマシンがある音波に弱いことをつきとめた。大気圏外から兵器をコントロールしている母船にその音波を浴びせ、混乱に乗じて核ミサイルを撃ち込む。実行不可能な作戦に、最後の希望は託された。

原題:INDEPENDENCE DAY-SASTER / 製作:カナダ(2013年) / 日本公開日:2014年4月(DVDスルー) / 上映時間:90分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

インデペンデンス・デイ2014

インデペンデンス・デイ2014


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:W・D・ホーガン
脚本:ルディ・ソウバーガー、シドニー・ローパー
撮影:マイケル・ブランデル
音楽:マイケル・ニールソン

★【キャスト】
ライアン・メリマン、アンドレア・ブルックス、エミリー・ホームズ、トム・エヴェレット・スコット、キーナン・トレイシー、ケイシー・デュボワ、ガーウィン・サンフォード、マイケル・コプサ、ジル・ティード、イアン・ベルチャー、グレイス・シャーマン

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
大作映画「インデペンデンス・デイ」…と関係ありそうなタイトルをつけて馬鹿な客を釣ろうとした作品。こんなあからさまに目に見えたワナにひっかかるアホはいないだろうと思ったら、世間の視聴者コメントを調べると、結構、勘違いして見ている人がそれなりにいる…。おいおい、大丈夫かよ…。ちょっと心配になってくるレベル。こんなインターネットが発達した時代なのに、ググって調べないのですか。だからはっきり書いておきます。あ、なにをする…。
●映画FUN 
ついにきてしまったか。あの名作「インデペンデンス・デイ」の続編が。舞台はさらにスケールアップして、脅威のインパクトも増大。世界は混沌に包まれる。でも、あれ、何か違うぞ。いや、おかしいぞ。妙にスケールがスカスカな感じだし、役者も誰だコイツみたいな人しかいない。ん? 2014。もしかしてこれはパチモンというやつではないか。そうこれはインディペンデンスデイもどきじゃないか。そうかそうか、一杯食わされたということか…。
●DAILYMOTION
独立記念日は毎年あるけど、誰も映画を毎年作れとは言ってない。さすがアメリカは凄い。この作品は本家を意識しているところが多々あり、ラストの作戦も、大統領のプチ演説も、100分の一くらいのボリュームだけど、なんか似てるっぽい感じ。ちなみに原題は「INDEPENDENCE DAYSASTER」。ディザスターとデイをひっかけたギャグ。もうこの時点で察しが付くでしょう。アメリカの大統領はヘリが墜落した程度では死なないことがわかったので安心しました。