インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

デイヴ・ヴァン・ロンクの回想録を映画化

原題:Inside Llewyn Davis
製作:アメリカ(2013年)
日本公開日:2014年5月30日
上映時間:104分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
93% Rotten Tomatoes

「ノーカントリー」「トゥルー・グリット」のコーエン兄弟が、2013年・第66回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した作品。1960年代のフォークシーンを代表するミュージシャン、デイブ・バン・ロンクの生涯を下敷きに、売れない若手フォークシンガーの1週間をユーモラスに描いた。60年代の冬のニューヨーク。シンガーソングライターのルーウィンは、ライブハウスで歌い続けながらも、なかなか売れることができずにいた。音楽で食べていくことをあきらめかけていたが、それでも友人たちの助けを借り、なんとか日々を送っていく。

★【スタッフ】
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:T=ボーン・バーネット、マーカス・マムフォード

★【キャスト】
オスカー・アイザック、キャリー・マリガン、ジョン・グッドマン、ギャレット・ヘドランド、F・マーレイ・エイブラハム

【無料動画】

コーエン兄弟最新作『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』予告編

コーエン兄弟最新作『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月10日) 
オスカーは他の映画では引き立て役が多い気がしたが本作、歌唱を含め魅力炸裂。ネコとの絡みもとってもよく、たまに見せる伏し目がちな表情がそそられるような良さを発揮。コーエン作品独特のテンポは歌唱シーンに変わり、八方塞がりの主人公にも微かな希望が見える。音楽や構図、映像のエフェクトやカメラワークに時間と能力を使っている感じがジワリと心地よさにもつながっている。
夢心地さん(2016年1月28日) 
世間に妥協せずに生きていくから厳しい現実に返り討ちにされ続けるフォーシング歌手ルーウィンの1週間。言葉の面白さで何度か笑ったが、だんだんと彼が見えてくるうちに、どうしてもただ笑える対象ではなくなってきたりして、こういう人っているよなあ、なんて思いながら見ていた。人の人生の道は他者との支え合いでできているのだ。もちろんぶつかることもあるが、その影響はマイナスとも限らない。