カンフー・パンダ(1作目)

パンダは最強!

「シュレック」「マダガスカル」のドリームワークス・アニメーションによるカンフーアクションで、駄目パンダのポーが自分を信じて成長していく姿を描く。食いしん坊で怠け者のパンダのポーは、ひょんなことから伝説の“龍の戦士”として悪のカンフー・ウォリアーのタイ・ランと決闘する羽目になってしまい…。

原題:Kung Fu Panda / 製作:アメリカ(2008年) / 日本公開日:2008年7月26日 / 上映時間:92分 / 製作会社:DreamWorks Animation / 配給:アスミック・エース、角川映画 / 製作費:1億3000万ドル / 興行収入:6億3100万ドル / 次作:『カンフー・パンダ2

★【スタッフ】
監督:マーク・オズボーン、ジョン・スティーブンソン
脚本:ジョナサン・エイベル、グレン・バーガー
音楽:ハンス・ジマー、ジョン・パウエル

★【キャスト(キャラクター)】
ジャック・ブラック(ポー)、ダスティン・ホフマン(シーフー老師)、アンジェリーナ・ジョリー(マスター・タイガー)、イアン・マクシェーン(タイ・ラン)、ジャッキー・チェン(マスター・モンキー)、セス・ローゲン(マスター・カマキリ)、ルーシー・リュー(マスター・ヘビ)、デヴィッド・クロス(マスター・ツル)、ダン・フォグラー(ゼン)、マイケル・クラーク・ダンカン(ヴァチール所長)

【無料動画】

カンフー・パンダ – 予告編

カンフー・パンダ - 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月7日) 
ユーモラスなスポ魂アクションの良作。子ども向けアニメだろうと軽い気持ちで見ていたら予想以上によくできていて感心しました。まず、主人公が鍛えられ、学び、強くなっていく過程が実に丁寧です。ありがちな突然パワーに目覚めるとか、危機的な状況で感情が爆発して強くなるとか、そういうご都合主義がないのが素晴らしい。ちゃんと主人公のもともとの能力を活かして、応用していくというロジックがしっかりしている。そこだけでも称賛です。
映画フリー (2016年1月13日) 
無知な者がある日突然運命に導かれて短期間に型破りな方法で強くなり、最強の敵に挑むという超王道のストーリーラインを踏襲したストレートなカンフー映画で、ここには師弟関係をはじめ中国の美徳がしっかりと詰まっている。しかもアクションシーンは圧巻! 普通にアクションファンも唸るほどの細かい動きとアニメならではの気持ちよさが合体し、見事なモーションの連続で快感です。動きの楽しさを改めて実感できる良いアニメでした。
CRUNCHYROLL (2016年1月19日) 
ここから、何者でもなかったポーの、カンフー史上最高にイケてるカンフーストーリーが始まる…シリーズの記念すべき1作目。2008年の公開当時から色褪せない面白さがあります。キャラクターデザインや舞台設定デザインが秀逸で見応えがあり、中国側が嫉妬するほど面白いのも納得。主人公の「何者でもない自分」を変えたいという願望、「自分とは何者か」が大きなテーマとなり、物語の要所要所で大きな盛り上がりと感動を与えてくれて最高です。