ベルリンファイル

韓国映画、本気のスパイアクション

『シュリ』のハン・ソッキュと『哀しき獣』のハ・ジョンウが共演し、韓国で700万人を動員する大ヒットとなったスパイアクション。『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』『生き残るための3つの取引』などアクション作品で人気のリュ・スンワン監督がメガホンをとった。北朝鮮諜報員ジョンソンは、アラブ組織との武器取引現場を韓国情報院のエージェント、ジンスにかぎつけられ、からくもその場から脱出。なぜ取引の情報が南側に漏れたのか疑問を抱くが、ほどなくしてジョンソンの妻ジョンヒに二重スパイ疑惑が浮上する。やがてジョンソン自身も巨大な陰謀に巻き込まれていき、CIAや中東諸国、ドイツの諜報機関までが事態に介入し、さまざまな思惑がベルリンで交錯する。

原題:Bereurlin / 製作:韓国(2013年) / 日本公開日:2013年7月13日 / 上映時間:120分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『ベルリンファイル』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:リュ・スンワン
脚本:リュ・スンワン
撮影:チェ・ヨンファン
音楽:チョ・ヨンウク

★【キャスト】
ハン・ソッキュ、ハ・ジョンウ、リュ・スンボム、チョン・ジヒョン

★【感想・批評】

映画フリー (2013年8月1日) 
韓国映画の最高クラスを見てしまった。緊張感ある展開と、重厚なストーリーにしびれました。こうバチバチくる感じが良かったですね。主演の役者も渋くてかっこいい。特に評価できるのはやっぱりアクションでしょうか。拳銃好きの心を上手くくすぐった銃撃戦はリアルで迫力満点。登場するキャラクターも魅力的でイイと思います。まさに「スパイ・スパイアクション映画」の核の部分が描き出されている秀逸な映画である。
映画FUN (2013年8月4日) 
心を射抜かれたようなスパイ作品だった。まだ見ぬ子供と一緒に死んでいった妻を泣きながら抱きかかえ、一面枯れた葦の中、既に冷たくなった彼女を背負いながら、それでも死んだ事実を信じられず疾走して行く主人公、その女性が北朝鮮のスパイであるが、まさか、ゴーストの妻とは、知らなかったハン・ソッキュの呆然とした目、チョン・ジヒョンが、悲しくも美しい妻だからこそ、最後の結末に観客の皆さんも涙することと思う。
BILIBILI (2013年8月9日) 
北朝鮮と韓国のスパイ戦を、ベルリンを舞台に描くところが新鮮。ベルリンとは冷戦時代に各国のスパイが暗躍した、いわばスパイアクションの象徴ともいえる場所。そこを舞台に選んだこと自体、韓国映画が従来の枠組みを超えて世界に羽ばたこうとしている決意の表れではないかと思えました。その証拠に冒頭のスリリングで息詰まる展開から、一気に、複数の国の諜報機関が入り乱れ、複雑で多彩な国家間の関係を見せつけるのです。
DAILYMOTION (2013年8月11日) 
このシナリオの完成度の高さ。脚本が今の北朝鮮の政治情勢が盛り込まれていて、一段とリアルティを感じさせてくれました。本作の台本執筆中に金正日総書記が死亡したことで、急遽三男・正恩氏へ政権移譲されたことなど、現在の北朝鮮情勢が反映したそうなのです。こんな映画、日本には絶対にムリだなと痛感しました。日本は何でここまでポリティカル・サスペンスが苦手なのでしょうか。どうしても子供じみた芝居になるのか。