沈黙の制裁

沈黙の制裁

スティーブン・セガール、どんな敵にも制裁を下す

スティーブン・セガールが、闇組織とCIAを相手に戦う傭兵を演じたアクション作品。最強の傭兵ジョン・アレキサンダーにウクライナで暗躍する闇組織の男を始末するというミッションがCIAから下された。ジョンは男を始末し依頼を完了するが、組織に追われていた女ナディアを助けたために命を狙われる事になる。組織のボスはアメリカ大使館ともつながりがあり、今回の殺しの依頼主でもあった。CIAを通じて女を返すよう求められるが、ジョンは自分の過去の悪行を振り返り、贖罪のために女を助けることを決意。組織とCIAを敵に回したジョンは、自らに課した任務を成功させるために戦いに身を投じる。

原題:The Mercenary: Absolution / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2015年2月21日 / 上映時間:92分 / 製作会社:Castel Film Romania / 配給:AMGエンタテインメント

★【スタッフ】
監督:キオニ・ワックスマン
脚本:キオニ・ワックスマン
撮影:ネイサン・ウィルソン
音楽:マイケル・リチャード・プロウマン

★【キャスト】
スティーブン・セガール、バイロン・マン、ジョシュ・バーネット、ビニー・ジョーンズ

【無料動画】

映画『沈黙の制裁』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月2日) 
サングラスに髭面のセガールに全くの隙きなし。逆になぜあんなに立ち向かう奴らがいるのか。絶対に関わってはいけないタイプの男だってわかるだろうに。なぜかセガール映画によく出ているバイロン・マンは、いつも程よいポジションでそれなりに活躍。あのスター感があまりないのが脇役としてピッタリだし、なんだかオシャレ感はあるので映画の雰囲気が少し高まっていい気分。正直セガールよりバイロン・マンのアクションが見応えがあるかも。
SPACEMOV (2016年2月5日) 
セガールは最強の傭兵という役どころ。うん、知ってた。そして相棒が沈黙の聖戦でも相棒を演じたバイロン・マン。うん、これも知ってた。今まで復讐の炎に燃えに燃えていたセガール作品にとって新鮮な気もする戦う動機。アクション面は相棒をのバイロン・マンの方がむしろ多い。もう人に任せちゃってる潔さが良いし、あれだろうか、セガールもそろそろ後継者を輩出していこうとしているのか。結果、バイロン・マンさまさまの作品になったね。
STREAMIN (2016年2月20日) 
さすがのジャガーノートもセガール無双相手では1分も持たずに散って行きました。さよなら、頑張ったね。やっぱりキオニ・ワックスマン監督の作品は安定感がある。セガール映画の中でもワックスマン作品はかなり高水準な作品を連発しているので、セガールを欲したらまず監督をチェックして欲しい。キオニ・ワックスマンこそ安心高品質の印だから。しかも、この映画は豪華で、総合格闘技で頂点を極めた男ジョシュ・バーネットも出てますよ。