ハウルの動く城

不思議な城が動き出せば、物語は踊りだす

英国のファンタジー作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」の映画化作。父親の帽子店で帽子を作って暮らしていた18歳のソフィーは、荒野の魔女の呪いで90歳の老婆の姿になってしまう。彼女はハンサムだが気弱な魔法使いハウルと出会って、彼の居城でいっしょに暮らすようになるが、その城は4本足で歩く動く城だった。

原題:ハウルの動く城 / 製作:日本(2004年) / 日本公開日:2004年11月20日 / 上映時間:119分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
音楽:久石譲

★【キャスト(キャラクター)】
倍賞千恵子(ソフィー)、木村拓哉(ハウル)、美輪明宏(荒地の魔女)、我修院達也(カルシファー)、神木隆之介(マルクル)、伊崎充則(小姓)、大泉洋(かかしのカブ)、大塚明夫(国王)、原田大二郎(ヒン)、加藤治子(サリマン)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
ジブリは見るたびに印象や、受け取り方が変わるなあと思います。映像や音楽がとにかく素晴らしかったです。吹き替えもよかったと思います。キムタクのハウルとにかくかっこいい!! キャラクターが個性豊かで愛着が湧いてきます。原作を読んだことがないので、その辺りは言及はできないのですが原作とはまた違う面白さがあると思います。絶対に一度は見て欲しい映画です。オススメです! 恋するソフィーばあちゃんの強さ、見習いたい。
●映画フリー 
本編ですが、物語がわかりにくい、という前評判でしたが、寓話としてそこそこできてると思いました。いくつかの伏線もきちんとつながってたし、ただ伏線で無理があったのは、ソフィが終盤になって誰にでも挨拶代わりにキスしてたところ、まあ重要なシーンといえばシーンなんでしかたないけど、一応これハウルとソフィの純愛ドラマだからねえ。原作からかなりアレンジを利かせているので、その内容を知りたければぜひ原作を読みましょう。
●DAILYMOTION 
雰囲気がいい。音楽がいい。キャラクターがいい。今までのジブリよりもちょっぴり大人向けになっているのもいい。つまり大満足ということです。一番好きなシーンは、ハウルが軍の飛行艇にむかって言った一言。ハウルはただただ戦争したくない、殺し合いなんて意味がない、なんでお気楽極楽に生きちゃだめなんだよって、言いたかった。耳に残っています。ちなみに原作は全然違う話です。この映画は半分くらい、宮崎監督のオリジナルですね。
●CRUNCHYROLL  
日本を代表する、いや世界に認められたワールドクラスの宮崎駿という人間の凄さは独自の世界観構築力にある。それを象徴する今作の存在が、タイトルにもなっている「城」だ。まずこれを城と言い張る監督のセンス。普通の常識で言えばこんなものは城どころか建物ですらない。機械仕掛けの化物だ。その中身も混沌としており、まったく居住空間としての意味をなしていない。それでも物語の要として、完璧に中心で機能しているから凄い。