エンジェル ウォーズ

エンジェル ウォーズ

美少女異空間バトルの裏には過酷な現実!?

「300 スリーハンドレッド」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督が描くアクションファンタジー。精神病棟に閉じ込められた少女が、現実から逃避するためにつくり出した鮮烈なバーチャル世界で、仲間たちと自由を勝ち取るための戦いに身を投じていく姿を描く。1950年代。レノックス精神病院に入れられ、5日後にロボトミーを受けることになったベイビードールが、同じ精神病患者の仲間とともにファンタジーの世界へと飛び込み、人格破壊の危機を回避するための5つのアイテムを集める。

原題:Sucker Punch / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2011年4月15日 / 上映時間:110分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

ザック・スナイダー監督最新作『エンジェル ウォーズ』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ザック・スナイダー
脚本:スティーブ・シブヤ
撮影:ラリー・フォン
音楽:タイラー・ベイツ、マリウス・デ・ブリーズ

★【キャスト】
エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、バネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン、カーラ・グギーノ、オスカー・アイザック、ジョン・ハム、スコット・グレン、リチャード・セトロン

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
空想の中のアクションシーン、特に最初の侍たちと戦うシーンは最高でした。ザックスナイダーらしく、とても楽しかったです。現実の世界は本当に暗くて、観ていて理不尽で不快になりました。全体的には楽しめる内容だったと思いました。主役のベイビードールを演じた女優がコケティッシュで引き付けられる。映像美が素晴らしい、どこのシーン見てもため息が出るくらいのクオリティ今できる技術で最高の映像表現を行った作品であるといえる。
●映画FUN 
タイトルからの勝手な妄想で「コスプレ少女たちのアクションムービー」だろうと軽い気持ちで見たのが正直です。そしたら全然違うじゃないか…。でも、アクションシーンでは少女たちのコスプレ衣装で銃をぶっ放すシーンなんて最高です、銃についているキーホルダーがちらっと映るシーンは萌えます。5人組での連帯プレーがあれば最高に萌えたのですがね。深みのある映画でした。予想外に裏にはシリアス要素もあるので、なかなか考察しがいあるね。
●STREAMANGO
ビジュアルのコミック感とは真逆でなんていう過酷なハードライフを描いているのか。それを考えると辛くなる。一方で映像的なセンスは最高クラスであり、どの世界も「自分の武器で闘う」というのが一貫しており、現実にどうやって立ち向かうかという意味と合わせると、ただの美麗映像と馬鹿にできない。「武器は揃ってる、戦うのはあなた」という言葉で戦いだす。キュートでスタイリッシュ。アメコミにはない映画独創性にメロメロだ。