涼宮ハルヒの消失

日常が崩壊して生まれたのは新しい日常、知らないキミ

テレビアニメ化され人気を博した、谷川流によるライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズの劇場版。“宇宙人や超能力者を探し出して遊ぶ”という目的で「SOS団」を設立した涼宮ハルヒは、美少女だが変わり者の女子高生。クリスマス間近のある日、「SOS団」のメンバー・キョンが学校に行くと、後ろの席にいるはずのハルヒがいない。代わりにハルヒの席には、かつてキョンを殺そうとしていた朝倉が座っていた。困惑のままにSOS団が占拠していた文芸部室に向かったキョンは、そこで長門有希と出会う。しかし彼女はメガネを掛けおどおどと戸惑う「普通の少女」であった。

原題:涼宮ハルヒの消失 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年2月6日 / 上映時間: / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

「涼宮ハルヒの消失」劇場版予告編

「涼宮ハルヒの消失」劇場版予告編

(C)2009 Nagaru Tanigawa・Noizi Ito/SOS団


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
総監督:石原立也
監督:武本康弘
脚本:志茂文彦
キャラクターデザイン:池田晶子
音楽:神前暁、高田龍一

★【キャスト(キャラクター)】
平野綾(涼宮ハルヒ)、杉田智和(キョン)、茅原実里(長門有希)、後藤邑子(朝比奈みくる)、小野大輔(古泉一樹)、桑谷夏子(朝倉涼子)、松岡由貴(鶴屋さん)、白石稔、松元恵、あおきさやか

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
京アニならではの作画力から演出される丁寧で落ち着いたアニメーションは健在。しかし、この劇場版はただの綺麗な絵というだけにとどまらず、細かいアイテムやキャラクターの些細な表情、自然に挟まれるさりげないカットなど、細かく見ていれば見ているほど発見があって、製作者たちはいったいどれほどこの作品に愛を込めているんだと感動してしまう。これだけのものを創造してくれれば幸せでしょう。本当にクリエーターに愛されたな~。
●映画フリー
涼宮ハルヒとタイトルにありますが、知ってのとおり、主役は実質、長門有希。この長門有希の圧倒的なヒロイン力をひたすら堪能する濃厚な映画でした。彼女のファンは間違いなくこれで昇天してしまうでしょうね。テレビシリーズでは絶対に見せない感情がこぼれ出るスキの多さと保護欲を駆り立てられる弱さ。これが物語上の重要な選択肢である、この世界のままでもいいのかという葛藤を観客にも共有させる。本当にウマい。大満足である。
●DAILYMOTION
もし萌えっぽい絵柄のせいで偏見をもっているのなら、その先入観は捨ててほしい。ふざけているだけのいかにもな冒頭から一気にストーリーは別人格を帯びてくる。伝わらない想い。受け取っていいのかわからない想い。それがまごついていると、よく知っているあの世界が顔を出す。戻っていいのかわからない瞬間。でも帰るべき瞬間。その選択はあまりにも切ない。ラストのあのセリフといい、まさにシリーズ随一の名シーン。雪が綺麗で儚い…。