ハナ 奇跡の46日間

スポーツの情熱が国家対立に打ち勝つ!

世界卓球選手権で韓国と北朝鮮が結成した史上初の南北統一チームの実話を、「第7鉱区」のハ・ジウォン&「空気人形」のペ・ドゥナ共演で映画化。1991年、韓国ではスター選手ヒョン・ジョンファの活躍で卓球ブームが巻き起こっていたが、強豪・中国を倒すことができずにいた。そんな折、日本で開催される世界選手権を前に、韓国と北朝鮮による統一チーム「コリア」が結成される。しかし、選手たちはライフスタイルや練習方法の違いにいがみ合うばかりで…。

原題:Korea / 製作:韓国(2012年) / 日本公開日:2013年4月20日 / 上映時間:127分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『ハナ 奇跡の46日間』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ムン・ヒョンソン
脚本:ユ・ヨンア、コン・ソンフィ
撮影:イ・ドゥマン
音楽:キム・テソン

★【キャスト】
ハ・ジウォン、ペ・ドゥナ、チェ・ユニョン、ハン・イェリ、イ・ジョンソク

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
脚本が良いです。キャストが多いのに2時間の枠の中で主役達だけでなく脇役も魅力的に見せ、感情移入させる巧さ、お見事。簡単に言えばスポ根ものの王道なのだが、そこには越えられない壁がある。南北、それぞれのサブ的なキャラがとても魅力的である。特に北朝鮮側のユ選手役。決して女優顔でもないのだが、それが逆に新鮮。ある意味彼女の克服の物語でもある。 特に卓球やっている方には是非みていただきたいです。ヒートアップしました。
●映画フリー
若干、卓球のルールでおやっと思うところはありますが。過去のスポーツ系の映画で一番よかったです。政治要素なんて邪魔だという人がいるかもですが、たとえば友情とか師弟関係とかスポーツドラマには単純な運動以外にその動機となるものが絶対に必要じゃないですか。それはこの作品はたまたま分断された国同士の対立だったというだけ。そこにはプロパガンダもなく、ただ燃える情熱と勝ちたいという本音があるのみ。戯言はいらないのです。
●BILIBILI
掘り出し物を見つけた嬉しさのような気持ちです。予想していたよりもかなり良い作品です。キャストでは断トツでぺ・ドゥナ。北朝鮮の教育されたとでもいうべき無表情さ、その中に魅せる瞳や控え目なアクションでの気持ちの表現。まさに絶妙。終盤のバスでのシーンなども秀逸。大絶賛です。ハ・ジウォンも悪くないが意外に良かったのはユ・スンボク役のハン・イェリ。なかなかいい演技でした。韓国は俳優が上手すぎるのですよね。
●DAILYMOTION
北朝鮮と韓国の関係や北朝鮮という国をメディアを通じて少なからず解るだけに境遇や展開がすごくリアルであり、キャストに感情移入して涙した。そもそも同じ国だった。それが全然関係ない大国に利用されて2つに分かれた。さらに戦争中はお隣の島国は特需で金儲けに夢中。誰も平和を訴えない。そんな状況であれば、この2分化は今なお続く戦争被害といえる。それがスポーツという手段でしか一緒になれることができない。それは切ない。