グランド・マスター

ハリウッドも驚いた中国アクション

「ブエノスアイレス」「花様年華」のウォン・カーウァイ監督が初めてカンフーを題材に取り上げ、ブルース・リーの師匠としても知られる伝説の武術家イップ・マンの物語を描く。1930年代の中国。引退を決意した北の八卦掌の宗師(グランドマスター)・宮宝森(ゴン・バオセン)は、一番弟子の馬三(マーサン)と、南の詠春拳の宗師・葉門(イップ・マン)を後継者の候補と考えていたが、バオセンの奥義を受け継ぐ娘の宮若梅(ゴン・ルオメイ)も自ら名乗りを上げる。しかし、野望に目のくらんだマーサンがバオセンを殺害。ライバルでもあるイップ・マンに惹かれていたルオメイは、その思いを封印して父の復讐を誓い、後継者争いと復讐劇は複雑に絡みあっていく。

原題:The Grandmasters 一代宗師 / 製作:中国(2012年) / 日本公開日:2013年5月31日 / 上映時間:123分 / 製作会社:Block 2 Pictures / 配給:ギャガ

★【スタッフ】
監督:ウォン・カーウァイ
脚本:ウォン・カーウァイ
撮影:フィリップ・ル・スール
音楽:梅林茂、ナサニエル・メカリー

★【キャスト】
トニー・レオン、チャン・ツィイー、チャン・チェン、マックス・チャン、ワン・チンシアン

【無料動画】

グランド・マスター

グランド・マスター

(C)2013 Block 2 Pictures Inc. All rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年5月10日) 
本作を観るまでは、ウォン・カーウァイ映画はどれも美的な面では掛け値なしに素晴らしいけれど劇中の情動や機微が何ひとつピンと来ないというのが欠点…と思っていたのだが、これは個人的に琴線に触れる大好きな物語だった。トニー・レオンの黒い飴玉のような瞳も、白薔薇のチャン・チェンも良かったけど、これは間違いなくチャン・ツィイーの映画。圧倒的な存在感とキャラクター的な魅力が映画の全てを牽引する。俳優あっての作品でした。
BILIBILI (2016年5月11日) 
ビジュアルのとおり、ウォン・カーワァイ監督のまさかのカンフー映画。中国の北部と南部のカンフーの交流と興亡を伝記映画として描きます。戦いは本気度マックスの激しいジェットリー映画とは違い、姿勢の整ったお手本のようなビシっと決まったカンフーです。中国お得意のワイヤーアクションを交えつつも、様式美を大切にしている感じ。高速に走り抜ける列車の間際で格闘するシーンなど、サスペンスもじゅうぶん。なかなかの良作です。
OPENLOAD (2016年5月13日) 
結構個性の強い作品である。アクションシーンもスローモーションやカットを多用しており、ブルース・リーやジャッキー的な「俳優の身体能力・スタントを楽しみにする」というエンタメ一直線なスタイルではないため、アクション映画として方向性が異なる点は留意が必要だろう。物語の始まりは南北の武術の統合がテーマであり、舞台となる妓楼では武術家たちが歓談と格闘を行ない、華やかさと武骨さが巧みに同居しているのが気に入った。