チング 永遠の絆

俺と一緒に、この町を手に入れるか?

日本でも話題を集めた2001年の韓国映画「友へ チング」の12年ぶり続編。前作に続いてクァク・キョンテク監督と主演のユ・オソンがタッグを組み、裏社会で生きる3世代の男たちの壮絶な人生を描きだす。あれから17年後。親友ドンスの殺害に関わった罪で服役していたヤクザのジュンソクは、刑期を終えて釜山へと戻る。ところが、組織では狡猾な副会長ウンギが幅を利かせていた。刑務所で知りあった青年ソンフンを弟分として迎えたジュンソクは、ウンギ一味との抗争に乗りだす。そんな中、実はソンフンがドンスの隠し子だったことが判明し…。

原題:Chingu 2 / 製作:韓国(2013年) / 日本公開日:2014年9月6日 / 上映時間:122分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『チング 永遠の絆』予告編

映画『チング 永遠の絆』予告編

© 2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:クァク・キョンテク
脚本:クァク・キョンテク

★【キャスト】
ユ・オソン、キム・ウビン、チュ・ジンモ、チョン・ホビン、チャン・ヨンナム

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
監督と主演が12年振りに続投して続編が作られるとは思わなかったです。いわゆる裏社会モノで、日本でも「アウトレイジ」などよくあるタイプの作品だが、どうしてこのジャンルは面白いのでしょうか。この手の作品で一番ワクワクするのは、裏社会のドン引きシーンをたくさん見せてくれるかどうかですが、それは今作もたっぷり揃ってます。もともとそういうのが得意な韓国ですから、問題なしであり、お手のものですね。拍手するしかない。
●映画フリー 
世代交代ドラマも魅せてきます。17年後の設定ながらもキャストも揃えて、正統派の続編をキッチリ撮り上げたなんて、そうそうできることじゃない。日本だったら事務所ごり押しの俳優をねじ込むのに精一杯で、雑な続編企画で終わってしまう。それぞれの父と子の絆にスポットを当てるので、こういうバトンタッチ的な展開が好きな人はさらにハマる。無駄なく、1作目をリスペクトして、ここまでのクオリティに仕上げれば文句もないです。
●BILIBILI 
クライム系としての続編は想像の範囲内です。李鍾淑が刑務所に勤めていたのと同じ刑務所に暮らしていた崔成勳の17年後、文。崔成勳の母親が李正錫を訪問し息子を守るように頼む。李ハン・ドンの幼なじみであることから、彼は同意している。そして、彼の人生で決して適切な役割モデルを持っていなかったチェ・ソンフンはこのシニアによってすぐに揺さぶられる。しかし李ソンスクが最初に刑を宣告された理由を崔成勳が知った時、どうなるだろう?
●DAILYMOTION 
「Chingu 2」は前作ファンも見ておくと良い。「友へ チング」の続編として合格点。文句はないでもない。コレが3部作なら、その辺りのフォローをして真の友人が出来てジュンソクは死なす的鉄板の展開もあるとなお良いのだが、厳しいか。ジュンソクの凄みは前作より控えめな気がしましたが、ドンスの子ソンフンとの時間を感じさせる関係性を通しての孤独感、渋みは濃厚に増しており、それだけでも身震いするほどのトリハダでしたけども。