ゴジラ×メカゴジラ 機龍

勝つのは最強怪獣か、最強機龍か

ゴジラと、それを迎え撃つ対ゴジラ用生体ロボット・機龍(メカゴジラ)のバトルを描いた怪獣映画シリーズの第26作。1999年。49年振りに日本に上陸したゴジラに、全く歯が立たなかった特生自衛隊(対特殊生物自衛隊)。その“メーサー砲”オペレーターである家城茜三尉は、戦いの中、自らのミスで上官を死なせてしまい、資料課への転属を言い渡される。一方、政府は湯原教授ら各分野のエキスパートを集め、49年前に“オキシジェン・デストロイヤー”によって死滅したゴジラの骨をベースにした生体ロボット“機龍”(メカゴジラ)の開発に着手。4年後の2003年、遂に“MFS-3 3式機龍”が完成する。ところがその披露式典の途中、再びゴジラが上陸する…。

原題:ゴジラ×メカゴジラ 機龍 / 製作:日本(2002年) / 日本公開日:2002年12月14日 / 上映時間:88分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:手塚昌明
脚本:三村渉
撮影:岸本正広
音楽:大島ミチル

★【キャスト】
釈由美子、宅麻伸、中尾彬、水野久美、高杉亘、友井雄亮

【無料動画】

ゴジラ×メカゴジラ(プレビュー)

ゴジラ×メカゴジラ(プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月2日) 
この作品の成功の最大の功労者は、なんといってもゴジラにあります。彼は何年も『メカゴジラ』もとい『機龍』の完成を待ってあげるのです。そして、『機龍』が完成されると、その完成セレモニーの最中に登場し、『機龍』と戦ってあげるのです。この完璧なタイミング。26作目にもなると大ベテラン。完全に空気が読めています。こんなに人類の都合に合わせてくれるなんて、彼は本当に人類の敵なのでしょうか。とまあ、冗談はさておき。1990年代の同名作品と比べ、ストーリー、ビジュアル、全ての面においてスケールアップしています。音響効果も素晴らしく、これぞまさに特撮映画を見たという満足感に浸れます。また、主演の釈由美子演じる茜さんが素晴らしい。メカゴジラもとい『機龍』のアクションはなかなか良かったと思いますよ。搭載兵器が多くて、私みたいなマンガオタクの心をがっちりつかんできます。
名無しさん(2010年1月5日) 
「メガギラス」の手塚監督が再登板した本作。何といっても最大の功績は、メカゴジラを機龍というキャラとしてリファインし、歴代のメカゴジラに勝るとも劣らない怪獣として生み出したことだ。そのため、映画全編に渡って機龍のカッコ良さが沁み渡り、主人公・家城茜のストーリーとシンクロさせることで悲しみを表現しているのが実に上手い。また本来主役のはずのゴジラが脇に重んじているように見えるが、同族である初代ゴジラが50年の時を経て再生して蘇るという設定を作り出すことで同時にゴジラのキャラクターを浮き出させているのも良く出来ている。上映時間の短縮に伴い内容がかなり圧縮されたきらいがあるが、逆にそれが効果的に働き、最後までテンポ良く見れる。特撮もここまでやれば合格点だろう。間違いなく新世紀ゴジラシリーズの最高傑作である。