真夜中きみはキバをむく

吸血鬼&男たちの恋

東京の名画座・目黒シネマの60周年を記念して製作された作品。ボーイズラブとバンパイアを組み合わせたオリジナルストーリーで、血にとらわれた男たちの悲恋を描く。美大生の佐伯アスカは、恋人の忘れ物をとりに夜の映画館を訪れる。上映が終了し、誰もいなくなった映画館では、映写技師がひとり映写チェックをしていたが、その映写技師は、3年前にアスカの前から突然姿を消した伴零時だった。以前は健康的だった零時の様子は変わり、どこか青白く深い闇を抱えているようだったが、久々の再会を果たした2人の愛は再燃し…。

原題:真夜中きみはキバをむく / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年7月12日 / 上映時間:60分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:吉行由実
脚本:芝理論、吉行由実
撮影:小山田勝治
音楽:小島亜紀子

★【キャスト】
三河悠冴、田村晃一、麻生涼、愛河シゲル、川崎竜平

【無料動画】

映画「真夜中きみはキバをむく」予告編

映画「真夜中きみはキバをむく」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画FUN 
事前情報が乏しかったのでそのまま何の予備知識もなくまっさらな状態で鑑賞しましたが、それは大正解だったと思います。この独自の世界観は言葉や文章で語られてしまうとたいしたことはないものに見えてしまうので、もったいないからです。そういう話なのかといろいろびっくりしてしまい、ドッキドキでした。でも普通に楽しいです。絶対に一般受けは狙えないのですが、それでもあえてこのタイプの作品を作った価値があったと思います。
●映画の無料動画で夢心地
短い時間の中でも話がしっかりまとまっていて、濃密すぎない程良い感じで多くの人が楽しめる作品だと思いましたので、気軽におすすめしてもいいかなと。どうしても見る人を選ぶし、一瞬中身がわからない感じもするつくりなのがまた罪というか、そのミスリードはいるのかという感じですが、それでも映画自体は悪くないし、最初の印象からそれほどぐわっとくるような距離の置き方をされていないとは思うのですけど、どうでしょうか。
●BILIBILI 
今までに30本以上の劇場公開作を生み出している吉行由実。海外から注目を浴びるピンク映画を主戦場としている監督が描いたのが、幻想的な世界だった。BL作品で、ヴァンパイアもの。ありそうでなかったですよね。印象的なシーンも非常に散りばめられていて、見ごたえはじゅうぶんあるし、語りがいもあります。とくに海のシーンが素敵です。映像の綺麗さもあるし、なんとなく見ていただけでもかなり楽しく個人的には満足です。
●DAILYMOTION
ちゃんと演出にしっかり意味が込められていて、そういう部分を解釈しながら見るという楽しみ方もできる、切なくて美しくて良い映画でした。「真夜中」という暗くみえる世界でも、それは人ならず他者に見せられない世界でも生きるバンパイアとマイノリティが重なっていく構成もぴったりだし、そんな影に暮らす思いを伏せたままの存在たちに自分までも寄り添ってあげたくなる。キバをむくのは、本当に愛せる者だけなら、切ない…。