キャプテンハーロック

キャプテンハーロック

世界を変えたければ、この艦に乗れ

松本零士原作で1978~79年にTV放送されたアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、総製作費3000万ドルをかけて新たに描くフルCGアニメーション。宇宙全域に散らばった人類が地球帰還をめぐって争った「カム・ホーム戦争」から100年後の世界。元宇宙艦隊大佐で現在は広域指名手配犯として恐れられる宇宙海賊キャプテンハーロックを暗殺せよとの密命を帯びた青年ヤマは、ハーロックが駆る宇宙海賊戦艦アルカディア号への潜入に成功する。新人乗組員として正体を隠し、ハーロック暗殺の機会をうかがうヤマだったが、やがてハーロックの目的とアルカディア号の正体、そして人類の希望たる地球に隠された秘密を知る。

原題:キャプテンハーロック / 製作:日本(2013年) / 日本公開日:2013年9月7日 / 上映時間:115分 / 製作会社: / 配給:東映

★【スタッフ】
監督:荒牧伸志
脚本:福井晴敏、竹内清人
音楽:高橋哲也

★【キャスト(キャラクター)】
小栗旬(キャプテンハーロック)、三浦春馬(ヤマ)、蒼井優(ミーメ)、古田新太(ヤッタラン)、福田彩乃(トリさん)、森川智之(イソラ)、坂本真綾(ナミ)、沢城みゆき(ケイ)、小林清志(老人)、大塚周夫(総官)

【無料動画】

映画『キャプテンハーロック』3分予告編映像

(C)LEIJI MATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第37回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞にノミネート。

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月19日) 
2013年の映画で映像技術についてたいして期待もしていなかったのだが、意外に満足できたのは作りの丁寧さゆえか。これだけ綺麗な日本産のCG映画を観れただけでも十分嬉しい。ご都合展開や謎の部分が多々あって、二転三転するキャラクターの言動に途中から辟易してしまう点もあったのは事実。やはり日本の課題は今も昔も映像テクノロジーではなくて、ストーリーデザインにあるような気がします。そこをなんとかクリアしないとダメかもしれない。
BILIBILI (2016年4月11日) 
もともとのハーロックを全く知らない私自身、世界市場を視野にいれたスケール大きめのストーリーにはそれなりに感動。福井アニキの脚色、樋口監督のケレン味に荒牧監督の監督作とくれば、どハマり世代の典型的な反応かもしれませんが、世代交代で永遠に続く時間を肯定してみせるというポジティブなメッセージは、今の日本から発信すべき有意義なテーマ性だと思います。ただいかんせんもっと力量が足りなかったので、そこの改善は必須です。
CRUNCHYROLL (2016年6月12日) 
宇宙戦艦ヤマトっぽいなと思ったけど、全然違った。本作はCGアニメなのだが、全くCG感を感じないほどリアルで、ちゃんと平面のアニメーションを意識しているのが上手い。和製「スタートレック」みたいな感じで、壮大な宇宙を舞台に激アツドラマにロマンを感じました。ハーロックの声を小栗旬、映画オリジナルキャラのヤマの声を三浦春馬など、声優陣も豪華で、一般的な受けを狙っている部分も多く、観ようと思えば万人に進められるでしょう。