バンクーバーの朝日

日系人野球チームを描いた感動のスポーツ大作

1914~41年、戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」の実話を、「舟を編む」の石井裕也監督が妻夫木聡を主演に迎えて映画化。1900年代初頭、新天地を夢見てカナダへと渡った多くの日本人が、過酷な肉体労働や貧困、差別という厳しい現実に直面する。日本人街に誕生した野球チーム「バンクーバー朝日」は、体格で上回る白人チーム相手に負け続け、万年リーグ最下位だった。ある年、キャプテンに就いたレジー笠原は、偶然ボールがバットに当たって出塁できたことをきっかけに、バントと盗塁を多用するプレースタイルを思いつく。その大胆な戦法は「頭脳野球」と呼ばれ、同時にフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜く彼らの姿は、日系移民たちに勇気や希望をもたらし、白人社会からも賞賛と人気を勝ち取っていくが…。

原題:バンクーバーの朝日 / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年12月20日 / 上映時間:132分 / 製作会社:フィルムメイカーズ / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:14.2億円

★【スタッフ】
監督:石井裕也
脚本:奥寺佐渡子
撮影:近藤龍人
音楽:渡邊崇

★【キャスト】
妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、鶴見辰吾、石田えり、本上まなみ、光石研、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良

【無料動画】

予告編映画『バンクーバーの朝日』

予告編映画『バンクーバーの朝日』


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月12日) 
1900年代初頭のお話。戦前に多くの日本人がカナダに渡って新天地を夢見ていた。100年も前にあった本当の話。現実は、過酷な肉体労働や差別。鬱々とした毎日がそこにはあった。私たちは移民の問題を他人事のように見ているけど、世界には移民として暮らしている日本人が昔からたくさんいたんだなと今さらながら痛感しました。スポーツは国や人種をも超えて感動を与える。戦争はそれをも全てブチ壊す。哀しいけど今もこれは同じなんですね。
BILIBILI (2016年3月20日) 
これが結構よくできている。足利市に作られたというバンクーバーの日本人街セットの出来は素晴らしい。最初は冬の寒暗い感じやったのが野球シーズンが始まるとフワっと明るくなるところとか。ドラマチックな過剰演出や音楽で煽ったりしない静かな感じもナイス。人種差別の時代に野球をひたむきに愛する人々に勇気付けられ、また、そんな日本人野球を受け入れるカナダ人の良心に心を打たれました。助け合いの心を教えてくれる名作です。
PARAVI (2016年3月24日) 
ストーリーは差別に苦しむ日本人が、仕事の合間を縫って野球に励み、プレーで白人を見返すというのが大まかな流れではあるが、ハリウッドにありがちな暴力や度を超えた差別はなくて、手を差し伸べてくれる者もいたりと、カナダ人は総じて優しい印象を受ける。だから変な外国バッシングとか、日本万歳的なノリは感じない。とてもフラットにこの時代を生きる日系人の苦悩と日常を描いている。スポーツ面での盛り上がりは欠けるが素敵な映画だ。