ヤコブへの手紙

動画『ヤコブへの手紙』を無料視聴

原題:Postia Pappi Jaakobille
製作:フィンランド(2009年)
日本公開日:2011年1月15日
上映時間:76分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

1970年代のフィンランド。恩赦を受けて12年ぶりに刑務所を出所したレイラは、片田舎で暮らす盲目のヤコブ牧師のもとに身を寄せることになる。彼女に与えられた仕事は、ヤコブのもとに毎日届くさまざまな人々からの悩みの手紙を朗読し、返事を代筆すること。心を固く閉ざしているレイラは、嫌々ながらもその仕事をこなしていたが、ある日ヤコブへの手紙がぴたりと届かなくなってしまう。

★【スタッフ】
監督:クラウス・ハロ

★【キャスト】
カーリナ・ハザード、ヘイッキ・ノウシアイネン、ユッカ・ケイノネン

【無料動画】

映画『ヤコブへの手紙』予告編

映画『ヤコブへの手紙』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2011年1月30日) 
牧師の家を舞台に、盲目の牧師に届く手紙を読み返事を書く、という仕事を仰せつかった元・囚人の心の機微と変化を描く。誰にも心を拓かなかった囚人レイラが、突然の恩赦で出所、行き先が牧師の家、という一見ワケの分からないストーリーになるのだが、これがなんと、後半で、意外な結末を迎える。レイラと共に、なぜこの家でこの仕事をすることになったのか。を考えさせられ、自分の身の上を、家族の有り難さを、手紙の持つ力と願いに魅せられる佳作。
名無しさん(2011年1月30日) 
綺麗なフィンランドの映像や音。見ているだけでも幸せな気分になれます。人間が隠し持つ表に見えない淋しさや傷を丁寧に描いていて、ラストは温かい涙が頬を伝う。フィンランド映画らしい、静かな作品の中にも、人間そのものにスポットを当てた作品として評価したい。恩赦を受けて12年ぶりに刑務所を出所した女性が、ヤコブ牧師と一緒に過ごす間に、少しずつ心を開いていく物語。盲目の牧師宛に、毎日のように悩み相談や、お祈りを依頼する手紙が届き、それにひとつずつ丁寧に返事を出す。なぜか「手紙」の持つ意味に、心が震えるのを覚えた。