それでも花は咲いていく

動画『それでも花は咲いていく』を無料視聴

原題:それでも花は咲いていく
製作:日本(2011年)
日本公開日:2011年5月7日
上映時間:117分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

ものまね芸人で俳優としても活躍し、2016年に亡くなった前田健が、2009年に書き下ろした処女小説を自身初のメガホンで映画化。教え子との禁じられた恋で罪を背負った有名進学塾の元講師の男、醜い容姿のために人から拒絶され、他人の部屋に侵入することに生きがいを感じる男、最愛の母親を突然亡くしてぼう然と日々を送る男。それぞれの問題を抱えた3人の男たちの内面を繊細に描き出す。

★【スタッフ】
監督:前田健
脚本:前田健
撮影:西垣文順
音楽:小林俊太郎

★【キャスト】
仁科貴、滝藤賢一、平山浩行、南野陽子、冨家規政、カンニング竹山、佐藤二朗

【無料動画】

映画『それでも花は咲いていく』予告編

映画『それでも花は咲いていく』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2011年6月3日) 
各々の人物のまっすぐな思いにとても共感を得られた。決して社会では認めないことであっても、平静を装う冷酷な人間より純粋に人を愛し、人のぬくもりを求める姿は愛しいと感じました。人には言えない悩みを抱え堂々と生きることに臆病な人たちの声に耳を傾けて、一緒に泣いたり、共感できたら世界は素敵になるのに。ビジュアル化がもとめられ、生への描写が屈曲している映画が多い中で、今回の映画は人の心にまっすくにそして、不快感なく語りかけてくる映画だったと思う。
名無しさん(2011年6月5日) 
とてもピュアで純粋な映画でしたね~。「おっさんと少女」、「不法侵入の犯罪者と部屋の持ち主の女性」という組み合わせが世間に受け入れられないのだろうけど、これが年頃の男性と女性であれば、ときめく様や一喜一憂する様は特別ではなく、そういう感情は振り返れば誰しも経験があるのではないだろうか。この作品を素直に観るには、偏見を排除する必要がある。自分の懐の深さを試されるかもしれません。