草原の実験

ラストは突然、訪れる

広大な草原地帯を舞台に、平和な日々を送る父と美しく優しい娘、そして娘に恋をする2人の青年のエピソードを一切のセリフを排して描いた異色作。ロシアの新鋭監督アレクサンドル・コットが、旧ソ連のカザフスタンで起きた実際の出来事に着想を得て作り上げた一作で、セリフなしの映像美で描かれる少女たちのささやかな日常に、徐々に意外な暗い影がさしこんでいく。

原題:Ispytanie / 製作:ロシア(2014年) / 日本公開日:2015年9月26日 / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:アレクサンドル・コット
脚本:アレクサンドル・コット
撮影:レバン・カパナーゼ
音楽:アレクセイ・アイギ

★【キャスト】
エレーナ・アン、ダニーラ・ラッソマーヒン、カリーム・パカチャコーフ、ナリンマン・ベクブラートフ=アレシェフ

【無料動画】

『草原の実験』予告編

©Igor Tolstunov’s Film Production Company


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー (2016年1月9日) 
そうか、そういうことだったのか。草原の実験。この言葉の意味がほんのわずかな映像で示される。広大な草原で穏やかにでもときに激しさが鋭く光る日常の生活。不思議で、でもどこか懐かしい気がするその日々は、国は違えど、多くの国々の人々の人生と重ねやすい気がする。映画を観ているとこんな圧倒的な風景の中で悠久の時を刻みつつ、生きていきたいと思わせる。このまま永遠に続くのだろうか、代々世代を重ねがら子へと受け継ぎ思いを紡ぐ。
●SPACEMOV (2016年1月10日)
邦題がネタバレすぎやしませんかと思ったけど、これ以上隠してもしょうがないので、気にするほどでもないか。それにしてもここまで一発ネタのようなオチは珍しい。若者たちの何気ない生活風景と雄大な自然、これだけでも見ごたえはある。しかし、このキャラクターたちの存在に愛着を持ち、未来に想いをはせるように観客がなり始めたところで、衝撃の光景。全てが消える時、初めて気づく。どんな物事も一瞬で消えることはあるのだ。
●DAILYMOTION (2016年1月12日)
最初に言っておきますが、絶対にネタバレやオチを書いた考察記事を読まない方がいいです。余韻が台無しになりますから。観終わった後に確認するなら問題ですが。無声映画と言うのは始まってから分かったのですが、インパクトは他にも。あの主人公の少女の透明感が果てしなく凄まじい存在感で、顔立ちが日本人に似ているので、親しみやすい。だから余計にこの映画に響いてしまうのかもしれない。この草原は他人事ではないのだ。
●海外コメント (2016年1月15日) 
これはロシアの穏やかで牧歌的な草原に立てられた単純なラブストーリーでした。このロシアの映画についての最大の考えは、対話の欠如です。幸いにもそれは映画を弱らせません。物語は面白いです。言葉がなければ、キャラクターはもっと神秘的になる。撮影セットは孤立感を高めます。サウンドトラックは素晴らしい曲を特色にしています。俳優たちは素晴らしい仕事をしています。激しい討論を呼び起こした作品は、映画のラストに帰結します。