ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男

何もかもが型破り!

原題:Altman
製作:カナダ(2014年)
日本公開日:2015年10月3日
上映時間:95分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 70%

さまざまなジャンルの作品を監督して「アメリカ・インディペンデント映画の父」とも称され、ハリウッドの映画製作システムと戦いながら、その自由な作風で多くの映画人、観客に愛されたロバート・アルトマンの実像に迫ったドキュメンタリー。アルトマン作品に数多く出演したエリオット・グールドや、晩年のアルトマンと師弟のような間柄でもあったポール・トーマス・アンダーソンをはじめ、ジュリアン・ムーア、ブルース・ウィリスら映画人の証言、現場でのオフショットやメイキング、アルトマンが自身の家族を撮影したプライベートのホームムービー、そしてアルトマン自身の肉声などから、アルトマン作品の裏側、映画監督ロバート・アルトマンの人生をひも解いていく。

★【スタッフ】
監督:ロン・マン
脚本:レン・ブラム
撮影:サイモン・エニス
音楽:フィル・ドワイヤー、グイド・ルチアーニ

★【キャスト】
ロバート・アルトマン、ポール・トーマス・アンダーソン、ジェームズ・カーン、キース・キャラダイン

【無料動画】

映画『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』予告編

映画『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月15日) 
チャーミングで家族を大切にする仕事大好きないいおじさんだった。ここぞというときにいつもギャンブルの神がどうにか助けてくれるというのも笑える。ロバート・アルトマンの作品って何十本も観てないけど、惹かれるものがあるというのはつまり、撮り方とか作り方とか独学でやってきただけアルトマンのエッセンスが濃い映画になっているからなのかな。徹底した反抗主義とリアリズムとブラックジョーク…ロバート・アルトマンの激動の記録です。
SPACEMOV (2016年4月13日) 
作品をいくつも観ていないと、評価しにくい孤高の監督だった。『M★A★S★H』の衝撃、オープニングから今までの戦争映画とは違うノリで、ブラック・ユーモアだが、感動も誘うということに驚いた。『三人の女』で観念的なものを表現したが、今ひとつだったし、『ポパイ』では大コケしてハリウッドから呼ばれなくなったにもかかわらず、『プレイヤー』から復活していき、『ショート・カッツ』で再び群像劇の妙を見せつけた。変な人だね。
DAILYMOTION (2016年6月11日) 
メジャースタジオと折りの合わない独立精神の旺盛さは有名なところだが何度も何度もスタジオを解雇され、製作を下ろされ、破産しても、カムバックして撮り続ける。低評価の作品が続いても、また復活する。こういうのが映画クリエーターには必要なことなのかな。アルトマンのやりたいことはなかなか当時の映画業界でも賛否両論となり、貫くことって難しかったはず。お金がなくなったとき、競馬とカジノで大儲けして難をしのぐ話が面白い。