映画 けいおん!

外国に行ってもあの日常は変わらない

かきふらいによる4コマ漫画を原作に、2009年から10年に計2シーズンがTV放映され大ヒットを記録した人気アニメーション「けいおん!」の劇場版。TVシリーズでは描かれなかった桜が丘高校軽音部の部活ライフが描かれる。卒業を控えた軽音部3年生の唯、澪、律、紬はいつも通りのゆるやかな日々を送っていたが、同級生たちが卒業旅行を企画していることを知り、自分たちも卒業旅行へ行くことに。2年生の梓も加わり、各々が候補地の希望を出す中、くじ引きでロンドン行きが決まるが…。

原題:映画 けいおん! / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年12月3日 / 上映時間:110分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン・総作画監督:堀口悠紀子
音楽:百石元

★【キャスト】
豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈、真田アサミ、米澤円、藤東知夏

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
舞台は海外へ!というのは映画化らしい展開ですけど、やってることはいつもの同じマイペースというのが、軽音部らしい安心感でホッとします。どこへ行ってもキャラクターの関連性は変わらず、常にぶれないというのはこの作品の特徴でしょう。他の日常系と違うのは、そのキャラの魅力がずば抜けていることと、音楽というキーワードで一応成長ものとしての盛り上がりを用意していることです。映画ではそこもしっかりあるのがいいですね。
●映画フリー
映画になったら何をするんだと思ったのですが、まさかの本編とガッツリリンクしていく構成。先輩と後輩の関係に焦点をおく素晴らしい視点だったと思います。基本は海外でいつもの感じでブラブラしているだけなのに、実は女子高生らしいちょっとした人間関係の歪とつながりを優しく描くというのはいつもの共通点であり、単に海外に行くだけの、ファン向けムービーにはなっていないのが良いと思います。もちろんファンは120%楽しめるのですけど。
●DAILYMOTION
ストーリー性の希薄さ、男性キャラクターの不在、仲良しの御都合主義など、批判的に捉えられる面もたくさんあるし、それはそのとおりなのだけど、ずっと見ていたくなる癒しが「けいおん」の魅力です。決してリアルな女子高生を見たいわけではないし、そんなことを描いても誰も得はしませんし。この映画版でも、イギリスにまで行って何やってんだというツッコミだらけの行動ばかりですが、でも愛嬌溢れる彼女たちに、私たちはケアされていくのです。
●CRUNCHYROLL
この作品で描かれる女子高生っぽさは、一種のフィクションだと思うかもしれませんが、実は実写の青春映画よりはよっぽどリアルな部分もあるような気がします。例えば、とくにドラマがないという部分とか。実写だと、挫折に、恋に、葛藤にといろいろなドラマチックな展開が用意されますが、実際はないですよね。それがあるのは一部の選ばれし層だけです。あるとしても友情くらいです。だからこの作品の他愛もない日常は一番普通なのです。