バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

世界が待っていた世紀の対決がついに実現

不朽のヒーロー「スーパーマン」をリブートした『マン・オブ・スティール』の続編で、「DCエクステンディッド・ユニバース」シリーズとしては第2作品目の作品。世界を救ったスーパーマンだったが、そのあまりに強すぎる能力ゆえに「地球外から来た脅威の異星人」として地球から追放すべきという世論が強まる。そして、バットマンことブルースもまた、スーパーマンの力を危険だと感じ、敵対視する。一方でレックス・コープの社長であるレックス・ルーサーJr.は、ゾッド将軍がテラフォーミングしようとしたインド洋から引き揚げられたクリプトナイトがクリプト人に対する「抑止力」になると主張し、ジューン・フィンチ議員の懐柔を目論んでいた。ブルースはレックス・コープのパーティへ潜入し、そこで古美術ディーラーのダイアナ・プリンスと接触する。

原題:Batman v Superman: Dawn of Justice / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年3月25日 / 上映時間:152分 / 製作会社:ラットパック・エンターテインメント、アトラス・エンターテインメント / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:2億5000万ドル / 興行収入:8億7200万ドル / 前作:『マン・オブ・スティール』 / 次作:『スーサイド・スクワッド

★【スタッフ】
監督:ザック・スナイダー(関連作品:『マン・オブ・スティール』)
脚本:クリス・テリオ、デビッド・S・ゴイヤー(関連作品:『アルゴ』)
撮影:ラリー・フォン
音楽:ハンス・ジマー、ジャンキー・XL

★【キャスト(キャラクター)】
ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カビル(クラーク・ケント/スーパーマン)、エイミー・アダムス(ロイス・レイン)、ジェシー・アイゼンバーグ(レックス・ルーサーJr.)、ダイアン・レイン(マーサ・ケント)、ローレンス・フィッシュバーン(ペリー・ホワイト)、ジェレミー・アイアンズ(アルフレッド・ペニーワース)、ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)

【無料動画】

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』予告2【HD】2016年3月25日公開

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』予告2【HD】2016年3月25日公開

Behind the Scenes of Batman v Superman: Dawn of Justice (2016)

Behind the Scenes of Batman v Superman: Dawn of Justice (2016)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.6/1027%44
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.2/5.03.23/5.003.3/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
51%64点69.0点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【雑学(トリビア)】
・コミック「バットマン: ダークナイト・リターンズ」の影響を受けているシーンが随所にある。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

無料ホームシアター(2016年4月10日) 
このバットマンは「ダークナイト」シリーズのバットマンとは別物なんですね。これは説明も何もないから絶対に詳しくない人は大混乱するはず。本作は「マン・オブ・スティール」から続くDCのユニバースの一作であり、どちらかといえばスーパーマン主軸のストーリーになっている気がします。そのためちょっとバットマンに感情移入しにくいかもしれません。察するに彼もかなりの苦労を乗り越えてヒーロー活動をしていた過去があるらしいですが…。
SPACEMOV (2016年4月11日) 
映像的な迫力はさすがザックスナイダー。重厚感とともに繰り出される物語は重苦しいですが、それがこのシリーズの売りみたいなところ。今作で喧嘩する二人はもう少しコミュニケーションをとろうよという気持ちにもなるが、そこへワンダーウーマン姐さんが颯爽と現れてガツンと一発かましてくれるのは気分爽快。はっきりいって本作はワンダーウーマンの顔見せのための映画だと開き直るのがベストなんじゃないですか。BGMもカッコいいし、最高。
STREAMANGO (2017年12月12日) 
劇場公開版はいろいろとカットされていてわかりにくいのですけど、エクステンド版(アルティメット・エディション)はそこが補完されているので、ぜひ鑑賞は必須だと思う。印象も変わるはずです。こうやって振り返ると、本作はもっと丁寧に複数作品で展開していくべきだったのかもしれないですね。はやく「ジャスティスリーグ」をやりたかったのかもしれないですが、あまりに急ぎ足すぎて疲れてしまった気も。対決が性急でしたね。

★【おすすめの関連作】
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

DC

★【DCエクステンデッド・ユニバース 作品を総復習!】
・『マン・オブ・スティール』(2013年)
・『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)
・『スーサイド・スクワッド』(2016年)
・『ワンダーウーマン』(2017年)
・『ジャスティス・リーグ』(2017年)
・『アクアマン』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする