劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

デュエル、映画でも開始!

1996年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始した高橋和希による人気漫画「遊☆戯☆王」の20周年を記念して製作された劇場版。2000年から04年にかけて放送されたテレビアニメ版「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」のキャスト陣が集結。「闇遊戯」というもうひとりの人格との戦いを経て、日常を取り戻したかに見えた武藤遊戯。しかし、そんな遊戯の前に謎めいた少年・藍神が現れ、世界中で謎の失踪事件が相次ぐ。

原題:劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年4月23日 / 上映時間:130分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』予告編

©高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:桑原智
脚本:高橋和希
音楽:池頼広

★【キャスト】
風間俊介、津田健次郎、花澤香菜、日野聡、齊藤真紀、高橋広樹

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
昨今の映画関係者はよく知って欲しい。迫力とはこう言う事だ。アニメ関係だろうが、特撮だろうが、実写だろうが関係ない。迫力とはこれの事だ。しかし映画はBGMや声優も重要な要素であるから、その点ではどの作品より上回っている。声優素人が居たって何てこと無い。収録中に上達するんだ。こんな事、他の作品で出来るか。同時期上映の遊戯王より売れているアニメ映画を観て頂きたい。申訳ないがこっちの方が一枚も二枚も上手である。
●映画の無料動画で夢心地
何度も映画館に足を運びがいのある映画は初めてです!遊戯王ファンにとっては最高の映画です! 社長の「神だぁぁ」は最高です! やっぱり社長だ。あと、バクラとの出会いが描かれて、ショタ闇バクラの声もよかったです。スタッフの中に遊戯王ZEXAL のスタッフさんがいるので、所々にZEXAL 感は出てます。サントラ欲しい。ただ、デュエルシーンはもう少し丁寧にやって欲しかったです。本当そこだけ! ラストシーンは泣いてよしです!
●BILIBILI
原作ファンにはたまらない内容に仕上がり、ファン号泣ものです。こういう作品を作ってくれるだけで、どれだけ愛されているかがわかるのですが、本当に嬉しいものです。20年ほど前のアニメが、原作者が脚本を手がけた長編アニメとして甦るって奇跡的じゃないですか。ダンジョンダイスモンスターズで知られる御伽も顔出し程度に登場したけど、あんな感じだったっけと思ったりもしたのですが、記憶違いだったかな。観客は記憶が老化しているな…。
●CRUNCHYROLL
多分に贔屓目を含んだ感想ですが、最高の最高です。劇場で二桁観たけど何回観ても全身から感謝と感激の成分が洪水のように流れていく。相変わらず海馬の声優の迫真の声の出し方が大好きで、明らかに過剰だろうというボイスはもはやこの作品の恒例。放送終了から何年も経っているのに声が変わらないってあらためて考えると凄い事ですよね。ブルーアイズやブラックマジシャンやブラックマジシャンガール…ここに青春が詰まっている…。