キツツキと雨

キツツキと雨

そんなコラボレーション、ありですか

「南極料理人」の沖田修一監督が、無骨な木こりと気の弱い映画監督の出会いから生まれるドラマを役所広司と小栗旬の初共演で描く。とあるのどかな山村に、ある日突然、ゾンビ映画の撮影隊がやってくる。ひょんなことから撮影を手伝うことになった60歳の木こりの克彦と、その気弱さゆえにスタッフをまとめられず狼狽する25歳の新人監督・幸一は、互いに影響を与えあい、次第に変化をもたらしていく。そして、そんな2人の交流が村と撮影隊の奇妙なコラボレーションを生み出していく。

原題:キツツキと雨 / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2012年2月11日 / 上映時間:129分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『キツツキと雨』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:沖田修一
脚本:沖田修一、守屋文雄
撮影:月永雄太
音楽:omu-tone

★【キャスト】
役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美、古舘寛治、黒田大輔、嶋田久作、平田満、伊武雅刀、山崎努

★【感想・批評】

●映画フリー
この映画の見所はやはり役所広司演じる克彦の可愛さにありますね。ご飯を美味しそうに食べるところか、ちょっとした暇潰しに砂をつくじるところとか、自分がチョイ役で出た映画のワンシーンをみてワクワクしている場面とか、細かい仕草がいちいち可愛いです。そこはさすがあの南極料理人を撮った沖田修一監督のセンスというところでしょうか。あんなど田舎の腐れ息子が高良健吾のような顔面なのはありえないというのは野暮だろうか…。
●映画FUN
音楽も木琴などの楽器を用いたものが多く、タイトルどおり映画全体が木に囲まれているような良い雰囲気の作品になっています。ついサントラまで買ってしまいました。どうしてこんなにもハマってしまったのだろうか。小栗旬はどうしたってかっこよくなってしまうのが残念。ふとしたときに出てしまうかっこよさ。そこを抑えるにはもっと工夫が必要だな。「キツツキと雨」というタイトルの美しさにも惹かれているので、邦題ベストに入るかな。
●BILIBILI
これは役所広司さんの映画ですわ。役所広司という俳優なくしてこの映画は撮れないだろうと。もうね、克彦という人物が可愛くて可愛くて仕方がない。あらすじ見た感じとか予告編見た感じでは、偏屈で頑固で寡黙な木こりが、現代っ子な感じの映画監督と出会って心をとかしていく的な感じかと思ってたけど違った。むしろ逆。ほんと素敵な映画です。これぞ邦画とわたしは思ったりします。見ていない人も多いでしょうから、オススメしときます。
●VIDEOEYNY 
大爆笑を狙った映画ではないけど、終始どこか吹き出してしまうような楽しさがある、気分が良くなる作品です。人の心って思ってる以上にフレキシブル。ちょっとの熱で溶けだしていろんな形になる。今はイマイチ形が定まらないかもしれないけど、それでいい。いつか形が落ち着くはずだから。ラストの「やるに決まってるじゃないか!」って大きな声で自分も現場も鼓舞する小栗旬の素直な体当たりが、本人と重なるようでなんか好きなシーン。