殿、利息でござる!

金はなし、でもやるときはやる!

「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化。「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋監督がメガホンをとり、時代劇に本格初挑戦。江戸中期、財政難のため民衆に重税を課す仙台藩では、破産や夜逃げが相次いでいた。寂れ果てた宿場町の吉岡宿でも年貢の取り立てや労役で人々が困窮し、造り酒屋を営む穀田屋十三郎は、町の行く末を案じていた。そんなある日、十三郎は、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治から、藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるという、宿場復興のための秘策を打ち明けられる。計画が明るみになれば打ち首は免れないが、それでも十三郎と仲間たちは、町を守るために私財を投げ打ち、計画を進める。

原題:殿、利息でござる! / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年5月14日 / 上映時間:129分 / 製作会社:ザフール / 配給:松竹

【無料動画】

映画『殿、利息でござる!』予告編

映画『殿、利息でござる!』予告編

(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:中村義洋
脚本:中村義洋、鈴木謙一
撮影:沖村志宏
主題歌:RCサクセション「上を向いて歩こう」

★【キャスト】
阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、羽生結弦

★【インタビュー】
・阿部サダヲ「実話というのはビックリしました。僕は知らなかったし、そもそもこれを成し遂げた旦那衆は“つつしみの掟”で口外しないと取り決めをしていたので、誰かが知っていちゃいけない話なんですよね(笑)」
・瑛太「僕はいろいろと厳しく演出を受けたんですよね。でも初日から追い込まれたので原点回帰できたというか。お芝居に正解はないし、自分で決めつけちゃいけないんだと改めて思った」

★【雑学(トリビア)】
・仙台出身のフィギュアスケート選手の羽生結弦が特別に出演しているが、役者陣にも知らされておらず、サプライズだった。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
俳優がいい。妻夫木聡、阿部サダヲ、瑛太の安定メンツたち。実力のあるメンバーというのもあるが、それにしても見事。老婆心ながら、ここまで揃えてくれて気が利いているなと思う。ゲスト俳優の羽生結弦くんも以外と上手いというか、様になっている。終わりに現代の映像が入ってることで、別に単なる昔話じゃなくて今でも考えさせられる内容になることで、他の時代劇でも見られないような、もう一押しなメッセージ性を添付しているのは確かだ。
●映画フリー 
コメディかと思ってたらまさかのコメディじゃない。真面目に行くのかと驚いた。パッケージの雰囲気と違うのはちょっと損をしているかもしれない。難しい。コミカルな作風を期待しているなら、ちょっとがっかりポイントですが、意外な真面目な感じにオマケ以上の得られたものを感じるのも嬉しい。困りどころ。殿の役がフィギュアスケートの羽生君。当時話題になりましたね。もともと王子様らしいからぴったりなハマり役でしたよ。
●VIDEOEYNY 
抱腹絶倒な展開を予想したら家族の絆や人情熱い、深イイ話で、おいおい泣かす気かよと思いました。国にお金を貸してその利子で事業を賄おうというアイデアを何年もかけて成就して、その先何百年とその村を救った…このエピソードだけでも泣かせる話っぽいと思いますが、実はまだ一ひねりあるんですね。「人の善意には裏がある」と思っていた私も、この作品を観てもっと人を信じたくなりました。それだけでも凄い映画だなと偉そうに思いました。