ジャングル・ブック(2016)

あの名作が驚異の映像技術で再現

1967年にディズニーがノーベル文学賞受賞作家・ラドヤード・キップリングの小説をアニメーション映画化した『ジャングルブック』を実写化。監督は『アイアンマン』の監督で、『アベンジャーズ』の総製作指揮をつとめたジョン・ファブロー。主人公の少年モーグリに抜擢されたのは新人ニール・セシ。ジャングルの中で、オオカミ、クマ、黒ヒョウなど動物にかこまれて育った少年の物語。

原題:The Jungle Book / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年8月11日 / 上映時間:106分 / 製作会社:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン / 製作費:1億7500万ドル / 興行収入:9億6500万ドル

【無料動画】

映画『ジャングル・ブック』予告編

映画『ジャングル・ブック』予告編

Go Behind the Scenes of The Jungle Book (2016)

Go Behind the Scenes of The Jungle Book (2016)

(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョン・ファブロー(関連作品:『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』)
脚本:ジャスティン・マークス
音楽:ジョン・デブニー

★【キャスト】
ニール・セシ、ビル・マーレイ、ベン・キングズレー、イドリス・エルバ、ルピタ・ニョンゴ、スカーレット・ヨハンソン

★【受賞】
第89回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。

★【雑学(トリビア)】
・舞台となっているインドではオランウータンは生息してしないが、本作では巨大類人猿ギガントピテクスという未知の生物として設定している。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
主人公以外は全部CGというのが信じられないくらい凄い映像体験でした! 毛並み一本一本を一時停止してじっくり見てみたくなります。これも技術力の進化の到達点なのか。わかっていない人もいるので、あらためて説明しますが、これは少年以外は全部CGなんです。木も、土も、動物も。つまり、全てスタジオ撮影。それができちゃうという驚異のスケールが素晴らしいし、これができるならもうなんでもありじゃないですか。
●映画FUN  
動物たちも可愛らしいのですが、なにより主人公の少年がベストアクトです! 演技とは思えない本当にジャングルで育ったかのような元気さに私も活力をもらえました。アニメの実写化ということになりますけど、厳密にはCG化ですよね。主人公の子は本物ですけど。ここまでくると、どうやって他の作品も実写化するのか、そればかりが考えてしまうのでした。ちなみに今作で一番好きなのはでっかいオランウータンでしょうか。怖いです。
●SPACEMOV
アニメのあの曲が再現されている。それだけで感動。内容は子どもが見られるレベルで、残酷な表現もないし、気軽に観れます。なお、これとは別のジャングルブックの映画があるのですが、それと勘違いしないように注意です。こちらはディズニー版。ポップでコミカルでドラマチックな方です。動物好きの大人も必見ですね。オオカミやトラなど、本物以上にリアルで、その躍動感にびっくりします。字幕も吹き替えも素晴らしいのでどちらもぜひ。