花、香る歌

性別なんて関係ない。ただ夢があっただけ

韓国のアイドルグループ「miss A」のメンバーで、映画「建築学概論」への出演で「国民の初恋」と呼ばれる人気を獲得したスジが主演し、女人禁制とされた伝統芸能「パンソリ」で女性初の歌い手となった実在の人物チン・チェソンの波乱の人生を描いた。太鼓の伴奏に合わせて歌やセリフ、身振りで物語を語り伝える伝統芸能パンソリ。朝鮮王朝時代末期、母を亡くした少女チン・チェソンは、偶然知ったパンソリの物語のヒロインに自分の人生を重ね、深く感銘を受ける。パンソリの歌い手になりたいと決意したチェソンだったが、当時、パンソリを女性が歌うことは固く禁じられていた。それでも強い思いを抱くチェソンは、性別を偽り、パンソリの大家シン・ジェヒョの下で修業を積むが…。

原題:桃李花歌 The Hymn / 製作:韓国(2015年) / 日本公開日:2016年4月23日 / 上映時間:109分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『花、香る歌』予告編

映画『花、香る歌』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:イ・ジョンピル
脚本:イ・チョルオ
音楽:キム・テソン

★【キャスト】
スジ、リュ・スンリョン、ソン・セビョク、イ・ドンフィ、アン・ジェホン、キム・ナムギル

★【感想・批評】

●映画フリー
映像と音楽がとても心地よかったです。雪の中を歩く母子の映像から始まりきれいな花に成長した主人公と雪のラストの映像は鳥肌が立つほど美しく…そして師匠の背中が印象的でした。主人公のひたむきさに涙し師匠の優しさに涙ながら…また観たいと思いました。なかなか、しみじみと見せる映画でした。身分制のある社会というのは、女性差別も大きくなるものですね。クライマックスの落成宴で歌う場面は、心に残ります。
●映画FUN 
本作は役者たちの演技力、歌唱力がその切ない物語に花を添え、並々ならぬ感動を与えてくれる。ラストも秀逸。観て絶対に損はない。本当に素敵な作品だった。まず映像が美しいんですよ。本当に。まるで絵画を見ているような、どこかで美化でもされているの?と思うくらいの素敵な絵です。それで役者の綺麗さがまだ際立つし、もう満足するに決まっているじゃないですか。日本人に知らない世界だから余計に美化した気持ちになるのかな。
●BILIBILI  
いわゆる韓流ドラマではなく、重厚な歴史ものです。韓国オペラのようでもあり、何より脚本が本当に上手いと思います。韓国語を理解しない観客にもそう思わせる脚本なのです。以下のすべてが凝縮された映画です。理想の上司と部下、理想の師匠と弟子、理想の男女関係、理想の愛特にあの主人公の俳優の泣く演技と笑う演技は圧巻。変な泣かせみたいなものはありません。しっかり、本気のドラマを見せてくれます。それにしてもいいな~。
●DAILYMOTION
ヒロインが性別を偽ってパンソリ学校に入り込むエピソードは「愛のイエントル」、歌の特訓シーンは「仮面の中のアリア」を連想させる作品で、古今東西共通の“歌は心で歌うもの”という真理も示されていきます。歴史の勉強にもなって一石二鳥! なんだか詳しくなってきました。もちろんこの映画だけでは明らかに教材不足なので他にも見る必要がありますけどね。師弟愛を超えた恋愛感情など、やはり韓国映画はこれくらい飛躍しないとね。