恋の罪

愛と性と女と。それが人生

「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の鬼才・園子温監督が、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵を主演に迎え、実在の事件をもとに描く愛の物語。21世紀直前に起こった、東京・渋谷区円山町のラブホテル街で1人の女性が死亡した事件を軸に、過酷な仕事と日常の間でバランスを保つため愛人を作り葛藤する刑事、昼は大学で教え子に、夜は街で体を売る大学助教授、ささいなことから道を踏み外す平凡な主婦の3人の女の生きざまを描く。

原題:恋の罪 / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年11月12日 / 上映時間:144分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『恋の罪』予告編

映画『恋の罪』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:園子温
脚本:園子温
撮影:谷川創平

★【キャスト】
水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉、二階堂智、小林竜樹、五辻真吾、深水元基、内田慈、町田マリー、岩松了、大方斐紗子、津田寛治

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
東電OL殺人事件をモチーフにして描いた作品。昼間はお淑やかな主婦、日本文学を研究する準教授の2人は夜は売春をしている。その人間の二面性は互いの面はグレーゾーンのように関係しあっていて、それを出すか出さないかくらいのギリギリのラインで生きている。おそらく現状の生活と180度反対の日常をどこかで追い求めているのではないだろうか。絶対に人を選ぶのは知っている。それは言うまでもない。だからそれでもいいのだ。
●映画の無料動画で夢心地
監督が「女性讃歌の物語」と語っている。女性として生まれた人間が自身の欲望に気付き、混乱し、渇望し、解放されていく様は心地いいし、素直に解放感がある。普段家族に見せている顔ではない側面は誰しもあり、その両面を持つことによってのみ、自分のアイデンティティが保たれる、そんな印象だった。アンジャッシュ児島の善人ぽい雰囲気が怖さを引き立てていた。これは罪の話であると同時に、許すという話でもあるのだろうか。
●DAILYMOTION  
「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」ときてこれですか…この監督なに考えて生きているのか不思議に思いますね。こんどは、女の映画って事でいろいろレビューを見てから行ったのですが、やたらエロを強調し過ぎて、若干内容がありきたりな所も…しかし、尾沢美津子を演じた冨樫真さんは、素晴らしかった。昼と夜の顔を完全に別人格にかえ、昼も夜も魅力のある「女」を演じた彼女。その両方の「女」が言った言葉が凄く印象に残ってます。
●BILIBILI 
相変わらずの個性爆発な作品で満足です。「セックスに金を介在させるとセックスの立ち位置が明確になる」そんな言葉を平然と言い放つ映画がありますか。相変わらず遠慮がないです。「愛のないセックスには金を介在させなきゃだめよ」確かにそのとおりかもしれないけど、ここまでストレートに言われると人間は困る。園子温監督作品の中では実は一番の名作じゃないかと思っているのです。それだけ物凄い衝撃を私に与えてくれたのでした。