私の優しくない先輩

私の優しくない先輩

先輩、私の世界に入ってこないでください

「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ演出や「らき☆すた」監督で知られる山本寛が実写映画の監督に初挑戦、「携帯彼氏」の川島海荷とお笑いコンビ「はんにゃ」の金田哲が主演を務めたラブコメディ。原作は「ちーちゃんは悠久の向こう」の日日日(あきら)。九州の小さな町に引っ越してきた17歳の女子高生・西表邪馬子は、イケメンの先輩・南愛治に一目ぼれし、すれ違っては妄想を膨らます日々を送っている。そんなある日、暑苦しい先輩・不破風和にラブレターを見られてしまい、勝手に“南くんへの告白大作戦”を仕組まれてしまう。

原題:私の優しくない先輩 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年7月17日 / 上映時間:102分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画「私の優しくない先輩」予告

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:山本寛
脚本:大野敏哉
撮影:藤井昌之
音楽:神前暁

★【キャスト】
川島海荷、金田哲、入江甚儀、児玉絹世、永野芽郁、赤池紗也加、赤平健太朗、瓜田あすみ、大橋典之、小笠原海、木村美緒、桑田ありさ、小谷朋子、西木孝希、佐々木歩、斉藤椿

★【感想・批評】

●映画フリー 
山本寛監督というアニメーション業界では素晴らしい成果を残した人間のクリエイティブは実写の世界でも通用するのか、お試しとなる作品。アニメ畑の人は実写では活躍できないなんてことはない。むしろ予想外の才能を発揮することもある。今作の場合はアイドル映画として特定の完成度に達成していると思う。川島海荷がカバーした「MajiでKoiする5秒前」のアレンジがめちゃくちゃ好み。もうこの時点で私としてはハマったといえる。
●映画の無料動画で夢心地
何かとお騒がせな山本寛というアニメ・クリエーターの実写挑戦作。いろいろ言われているけれど、映画自体、いや、創作物に対する情熱は本物だと思う。確かにまだまだ粗削りな部分も多い。役者自体、そこまで極端に上手いわけでもない。しかし、光るものがあった。流れるエンドロールへの入り方がすげー良い! あのカメラ目線の川島海荷には魅了されるのもやむなし。例え、素材が上級でなくても、それを魅力的に魅せるのがプロですね。
●DAILYMOTION
なんか嫌いになれない作品です。ひたすら主人公の妄想が炸裂し続ける無茶苦茶な物語なんですが、完全に当時の川島海荷&はんにゃの勢いに身を任せた結果、たぶん作り手の想像すら上回るミラクルが起こってしまったのでしょう。そして、特筆すべきはあの曲。これを聴くためだけでも川島海荷ファンは少なくとも絶対観なきゃいけない作品だと思いますし、ファンでなくても見る価値はあるでしょう。アイドル映画としてはじゅうぶん合格。
●BILIBILI
欠点は多々あれどヤマカンが描いてきたゼロ年代の青春がアニメから実写に無理やり移し換えた時のエネルギッシュな違和感がなんか好きで偏愛したくなります。意外に映画にハマったのが金田哲です。あの体当たり感溢れる演技スタイルが上手くフィットしているのです。これはヤマカンがどこまで狙ったのかはわかりませんが、さりげなく凄い事です。説明し過ぎのモノローグにオーバーな演技は、アニメ的として片づけられるか、好み分断地点です。