ザ・ギフト

ザ・ギフト

史上最悪のプレゼントにラストは恐怖する

俳優ジョエル・エドガートンが初監督・脚本・出演を務めたスリラー。新たな転居先で幸せな生活を送る夫婦の前に、夫の同級生と名乗る男・ゴードが現れた。再会を喜んだゴードから、2人に1本のワインが「ギフト」として贈られる。しかし、徐々にゴードからのギフトはエスカレートしていき、度を越していく贈り物に2人が違和感を覚えはじめた頃、夫婦のまわりに異変が起き始める。

原題:The Gift / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2016年10月28日 / 上映時間:108分 / 製作会社:Blumhouse Productions / 配給:ロングライド、バップ / 製作費:500万ドル / 興行収入:5890万ドル

★【スタッフ】
監督:ジョエル・エドガートン
脚本:ジョエル・エドガートン
撮影:エドゥアルド・グラウ
音楽:ダニー・ベンジー、ソーンダー・ジュリアーンズ

★【キャスト】
ジェイソン・ベイトマン、レベッカ・ホール、ジョエル・エドガートン、アリソン・トルマン、ティム・グリフィン、ビジー・フィリップス、デヴィッド・デンマン

【無料動画】

The Gift Official Trailer #1 (2015) – Jason Bateman Psychological Thriller HD

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 93%
映画.com 3.7 / 5.0
Yahoo!映画 3.68 / 5.00
Filmarks 3.7 / 5.0

第48回シッチェス・カタルーニャ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞。

★【感想・批評】

映画FUN (2016年11月10日) 
美人な妻と高級な家を獲得した順風満帆な男。そこへ現れた不気味な男は同級生らしい。住所を教えていないのに贈り物とギフトカードがその男から届き、奥さんは彼を優しい人だと信じ、旦那は訳ありげに彼と距離を置きたがる。緊張感のあるスタイリッシュな映像、演出。キレキレの後味の悪さ、という矛盾した評価がぴったりな秀作。真相を知ったときはそういうことかと手を打ち、さらにの最後のプレゼントには「うわーーー」となる。怖すぎる。
SPACEMOV (2016年11月16日) 
ジョエルエドガートンの不気味演技が素晴らしい。コミュニケーション取り方がめちゃくちゃぎこちなくて、いろいろ行動が異常。悪気がないように見えるとこが余計にタチが悪い。しかし、そこに明確な狙いがあって…。そこまで驚きのシナリオではないのだけど、演出が上手くて引き込まれるのですよね。「お前の不幸を俺のせいにするな」この言葉がブーメランになって返ってくる展開はお見事。最後まで必ず見てほしい、不気味スリラーです。
STREAMIN (2016年11月18日) 
映像的に単純なものだけでここまで奇妙で怨念めいた部分まで描かれているのは見事です。正義感の強い夫に見えていたサイモンが中盤からことごとくクズ男に成り下がっていく様は痛快です。また、奥さんのロビン、夫への疑念と様々な不安で思い悩む女性の心理をよく表現していたと思います。夫婦の生活を見てるだけでも何故かすごく引き込まれる。こういう夫婦の歪みは誰にでもあるはずだから、なんだか観ていて気まずくなってきます。