アイ・アム・レジェンド

この世界で最後になった男の居場所はない

これまでにも2度映画化されたリチャード・マシスンの名作SF小説「地球最後の男」を、ウィル・スミス主演で映画化。人類が死に絶えた2012年の地球。ニューヨークでたった1人生き残った科学者ネビルは、愛犬サムを唯一の話し相手に究極の孤独を味わっていた。無線で毎日メッセージを流し続けているが、生存者からの返答はない。それでも諦めずに人類再生の手段を探るネビルだったが…。

原題:I Am Legend / 製作:アメリカ(2007年) / 日本公開日:2007年12月14日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

アイ・アム・レジェンド 予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:フランシス・ローレンス
脚本:マーク・プロトセビッチ、アキバ・ゴールズマン
撮影:アンドリュー・レスニー
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★【キャスト】
ウィル・スミス、サリー・リチャードソン、アリシー・ブラガ、チャーリー・ターハン、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド、ウィロウ・スミス、ダレル・フォスター、エイプリル・グレイス、ジェームズ・マッコーリー、エマ・トンプソン

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
ユニークなエンタメでした。荒廃したニューヨーク市のポスト黙示録の場面から始める必要があります。これらは非常に、非常に動いていました。非常に説得力があります。映画の予告編のクリップは良かったですが、この映画が描いているものの真のスケールを本当に理解するためには、クローズアップショット、距離ショットなどの完全なパノラマを実際に見なければなりません。そういう映像センスにどれだけハマるかが重要なのかしれません。
●映画の無料動画で夢心地
オンビーチとバイオハザードのいくつかと災害映画やゾンビ映画のいくつかがあります。しかし、ここに描写されているニューヨークには正義がありません。私はゾンビのシュート・イン・アップを期待して歩き、挑発的で強烈な思考に落ち着きました。つまり、オリジナリティを見出すのは難しいのですが、それにこだわらないのであれば、普通に楽しめるということです。技術的なことは不明ですが、凡作として評価してもいいでしょう。
●OPENLOAD 
このサスペンスには満足しています。ウィル・スミスのキャラクターの深さは、人類の映画を脅かす人間の殺害ウィルスを作った、終末論的な人間の残りの部分とは別のものです。夢へのクロスカットとロバート・ネヴィルの孤独の描写により、聴衆は深い精神的レベルとパスポートによって駆動されるより高いレベルの両方で彼とつながります。あなたは笑って泣いていて、怖がったら席から飛び出して、あなたは彼のために応援します。
●STREAMANGO 
ゾンビ映画だったのか…。わかんなかった。明るい場所に出られない制約はあるものの、ゾンビ化してから徐々に知能をつけはじめて、罠も仕掛けられるという知能系で、サスペンスもある。生存者探しを続けている中で、犬だけが心のよりどころとなって精神的にも辛いという、犬ファンには号泣なシーンもある。荒廃したNYは寒々しく、これは地元民はどんな風に見るのか少し気になります。ウィルスミスはこういうキャラは似合ってますね。