GANTZ PERFECT ANSWER

戦いはさらなる局面へ

奥浩哉の人気コミックを、二宮和也、松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の完結編。黒いナゾの球体「GANTZ(ガンツ)」に召還され、異形の敵“星人”を倒すことを強いられる玄野と加藤の戦いは続いていた。戦い続け、生き抜く決意をした玄野と、暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する加藤は対立するが、勝ち続けなければ脱出できないという理不尽な世界に対し、2人はある決断を下す。

原題:GANTZ PERFECT ANSWER / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年4月23日 / 上映時間:141分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画 『GANTZ PERFECT ANSWER』 予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:佐藤信介
脚本:渡辺雄介
撮影:河津太郎
音楽:川井憲次

★【キャスト】
二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、玄覺悠子、若葉竜也、阪田マサノブ、越村友一、橋本まつり、奥瀬繁、平野靖幸、大石将史、神威杏次、戸田菜穂、小松利昌

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
前作と続けて鑑賞。前作に比べ“都合のいい”ストーリー展開が目立つが、地下鉄や商店街でのアクション、戦闘シーンも見応えがある。特に爆破シーンの迫力が作りこみ含めて圧倒的。これ実写なの?なぜ小島多恵がターゲットになったのか。主要メンバー不死身過ぎ。終わりはそれしかないけど、玄野とGANTZでどうやって取り引きしたのかなどなど疑問点が多数浮かぶ。でも面白かったけどね…。悪くはない、いや、むしろ出来はいいから凄いんだよな。
●映画FUN
加藤、玄野のそれぞれのパーフェクトアンサーが正しかったのかどうなのか、その答えを彼らの未来にどうつなげていくことが出来るのかがとても気になりました。同名漫画実写化二部作後編であり、2部作構成の作品としては、かなり順当に上手くいった方です。鉄道会社の完全協力や古い街にセットを組んで実際に爆発させながら挑まれた撮影はさすがのハラハラ感。邦画ではかなり努力している部類。そのクオリティだけでも評価したい。
●BILIBILI 
アクション、CG、スーツのかっこよさ、キャスト陣の演技、どれをとっても素晴らしかった。邦画のSF作品でここまで優れたものは珍しい。フル装備のGANTZスーツの集団が、地下鉄でお客にばしゃばしゃと写メ撮られまくっている様子は面白かった。まあ、そうなるでしょうけど。第1部作のGANTZの世界を完全再現したエログロ描写は少なく街を巻き込んだ戦いが始まる話。そこからスケールアップしているので、見ごたえはあります。
●VIDEOEYNY
日本映画史にとってこの映像化の難しい題材を本気で立ち向かった監督やスタッフがいるということは今後の大作への挑戦も含めて大きな意義のあることだったはず。こういうチャレンジ精神がないと、本当に青春学園映画ばかりになってしまうから、たとえネガティブな反応があっても負けないでほしい。アクション、キャスティング、物語のエンディングの結びかたとか良い点も沢山あるので、余計にちょっとした不満が目立つのもありますが…。