欲動(2014)

欲動

男女はそれでもつながろうとする

「歓待」「マジック&ロス」「ほとりの朔子」などのプロデューサーでもあり、アジアを舞台に活躍する女優・杉野希妃がメガホンをとった監督作品。インドネシア・バリ島でオールロケを敢行し、病に苦しむ夫とその妻の姿を通して男女の性愛と人間の生死を描いた。「愛の渦」の三津谷葉子が妻を、ドラマ「昼顏 平日午後3時の恋人たち」で注目を集めた斎藤工が、不治の病に冒され、死への恐怖から不安定になっていく夫を繊細に演じた。

原題:欲動 / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年11月22日 / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

映画『欲動』予告編

©2014『欲動』製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:杉野希妃
脚本:和島香太郎
撮影:シディ・サレー
音楽:富森星元

★【キャスト】
三津谷葉子、斎藤工、杉野希妃、コーネリオ・サニー、トム・メス、高嶋宏行、松崎颯

★【感想・批評】

●映画フリー
バリの自然や文化、あの雑踏とした街が、人間の素直な欲をさらに奥から掬い取って浮き彫りにしている。それが合わさって、あまり見たことのない不思議な雰囲気を醸し出す映画に仕上がったのでしょう。飾るわけでも、人生って素敵って謳歌するわけでもない。人間は生きて、死んでいく、そんなような当たり前のサイクルを改めて気づかせてくれる。女性監督があまりにも不毛な日本で、辛抱強く映画に取り組む姿勢を買いたい。それは確実にだ。
●映画FUN
良くも悪くも、女性のエゴで作られた偏った映画だと思う。だからこそ、同性としては観ていて痛いし、独特の心地よさも堪能できるのだろう。日本ではない風景が美しい、インドネシア独特の祭りが新鮮、その踊りの時の音楽もなかなか聴けない印象、そして何より人間同士の営みの描き方が素晴らしい。劇中のセリフもなかなか良い。人の内面を決して美化することなく、かといって無駄に卑下することもない。あるがままの描写が気に入りました。
●BILIBILI 
バリにやって来た夫(斎藤工)が妻(三津谷葉子)に言う「おまえのその『死に慣れてる感じがイヤ』なんだよ」は印象的に響く。また、妻(三津谷葉子)が「(夫が居なくなると言っているときに)居なくなるって何だろう?」と呟けば、現地の男は「居なくなるというのは自然なことだよ」というのも、人間の真理をすんなりと突いてしまう言葉だと思った。人は誰かを求めている、それはいつもの交錯する人生の積み重ねだからなのかもしれない。
●VIDEOEYNY
斎藤工のビジュアル・ムービーですといっても過言ではないし、実際そんな意識で見ている人が多いのじゃないかな。バリの雰囲気と斎藤工のラフな雰囲気がマッチしていたあたりは本当に鑑賞用の目の保養映像でした。絡みシーンが長すぎてAVかと思うくらいだが、AVと違うのはポルノ的な露骨描写はないという部分。本能のままのセックスと、艶めかしい性を描く。ラストに関しては、とくに作り手も何かを言及する気はないのでしょうか。