神様のカルテ2

神様のカルテ2

ベストセラー小説の映画化、第2弾

櫻井翔主演で夏川草介のベストセラー小説を映画化した医療ヒューマンドラマ「神様のカルテ」続編。妻・榛名の出産を心待ちにする内科医・栗原一止が勤務する本庄病院に、一止の大学時代の同期でもあるエリート医師・進藤辰也が赴任してくる。しかし、大学時代は「医学部の良心」とまで言われた辰也は時間外の緊急対応にも応じず、不眠不休で「24時間、365日対応」を掲げる病院を支える一止は、辰也と衝突してしまう。さらにそんな折、一止の恩師でもある貫田内科部長が過労で倒れてしまい…。

原題:神様のカルテ2 / 製作:日本(2014年) / 日本公開日:2014年3月21日 / 上映時間:116分 / 製作会社: / 配給:東宝

★【スタッフ】
監督:深川栄洋
脚本:後藤法子
撮影:山田康介
音楽:林ゆうき

★【キャスト】
櫻井翔、宮崎あおい、藤原竜也、要潤、吉瀬美智子、朝倉あき、原田泰造

【無料動画】

『神様のカルテ2」

(C)2014「神様のカルテ2」製作委員会 (C)2010夏川草介/小学館


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2014年4月17日) 
今回の神様のカルテも深いものがありました。やっぱり泣いた。医師・看護師さんホントにお疲れさまですとお伝えしたくなる作品でした。と思うくらい、どの役者さんも良かった!人間ドラマが重い感じなんだけど、途中挟む宮崎あおいがすごく爽やかで癒してくれる。かわいいなぁと改めて思いました。最後の方は一作目と同じパターンのような気がするが、これはこれでよかった。ハルさん最高。観終わった後、幸せになれる映画です。
映画FUN (2014年4月19日) 
日本映画の良さを改めて感じました。優しくて心地良く穏やかな気持ちになれる本当に良い映画です。映画にありがちなベタな事件とかサスペンスとか大逆転があるとかそんなものよりも、深くて優しくて大切なものが有る映画です。キャストも良かったですし、柄本明さんの名演技に涙がでました。医療映画のよくありがちな堅苦しさは無く、人との絆や家族の大切さを感じさせてくれます。大切な人を連れてもう一回観たいなと思っています。
BILIBILI (2016年6月19日) 
家族ってなんだ、夫婦ってなんだという難しいテーマに挑戦している映画で、患者を守るか家族を守るか、選ぶのは難しい選択の過程の中で、普遍的な問いかけをしていく。それでも極端に難解にならず、上手くまとまっているのは作り手の腕なのかな。話は分かりやすくありきたりな展開かも知れないですが、飽きないように良いタイミングで盛り上がりがあってテンポを維持していました。ぜひとも幅広い人に見てもらいたい映画でした。
VIDEOEYNY (2016年7月23日) 
ただの医療系映画ではなく「職業観」を問う内容で、ちょっと考えさせられる。1より圧倒的に2が好きなのは、特に「自分を犠牲にして働くことを期待される医師」と「家族との時間」というテーマに絞った描写が巧みに効いているせいかも。医療の現場の厳しさをこの映画で知り、人の命を預かっている人たちの覚悟を知ることでき、非常に人生にも影響を受けました。原作は3まで出てるから続編希望なのですが、難しいのかな。