コンカッション

隠蔽されていくスポーツの闇

実話を基にしたドラマ。NFL(プロアメリカンフットボールリーグ)選手のマイク・ウェブスターの死体を解剖したナイジェリア出身のオマル医師は慢性外傷性脳症(CTE)を発見。オマル医師は、NFLの選手が頭部への衝撃を繰り返し受けることでCTEになる危険性を示す論文を発表する。しかし、NFL側はこの事実をなかなか受け入れず隠そうとする…。

原題:Concussion / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2016年10月29日 / 上映時間:122分 / 製作会社:Lスター・キャピタル / 配給:キネマ旬報DD / 製作費:3500万ドル / 興行収入:4860万ドル

★【スタッフ】
監督:ピーター・ランデズマン(関連作品:『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』)
脚本:ピーター・ランデズマン
撮影:サルバトーレ・トチノ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

★【キャスト】
ウィル・スミス、アレック・ボールドウィン、ググ・バサ=ロー、アーリス・ハワード、ポール・ライザー、ルーク・ウィルソン、アドウェール・アキノエ=アグバエ

【無料動画】

Concussion – Official Trailer #2 (ft Will Smith)

Concussion - Official Trailer #2 (ft Will Smith)

(C)2015 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 60%
映画.com 3.5 / 5.0
Yahoo!映画 3.64 / 5.00
Filmarks 3.7 / 5.0

★【感想・批評】

生島淳(スポーツライター)
アメフト映画でありながら、れっきとした社会派映画である。誠実にスポーツの光と影に向き合い、なおかつアメリカン・ドリームを信じる人たちの物語である。
稲垣理一郎(漫画家/「アイシールド21」原作担当)
アメフトファンの僕は、この映画を見てどうしても思う。「試合が熱ければいいじゃん!ケガもコミコミでしょ?」その感想こそが、この映画の切り込む是非だ。これは普遍的な、医者とスポーツの物語。
映画フリー (2016年11月16日) 
国民的スポーツだからこそそこにあえて切り込んでいくというのは勇気が必要になる。さらに身近な家族や、さらにおおきな宗教、国家という問題にまで展開している問題性の大きさは、余計に躊躇するのもわかる。NFLの闇を暴く勇気ある医師の実話ということで、いかにもアメリカらしいテーマだが、日本であれば相撲とかに例えるといいのではないか。その組織の不祥事を暴けるだろうか。あなたは告発できるだろうか。考えてみてほしい。
OPENLOAD (2016年11月18日) 
病理医として研究者精神で科学的事実を伝え、選手の為に良い方向に行きましょう!という極めて真っ当なアプローチが、ビジネスにそぐわない、エンタメらしくないと抹殺してくる組織。不都合なことはなかったことにする権力。これではとてもスポーツマン精神とは言えない。ただの健康を搾取して金儲けと欲求を満たす集団だ。ウィル・スミスもシリアスな社会派ドラマをちゃんとできることを証明してくれて嬉しい。毎回こうであればいいけど。