僕等がいた 前篇

僕等がいた

出会いが心を開いていく

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる、非の打ちどころのない男子高校生・矢野は、過去に恋人を交通事故で失い心を閉ざしていた。しかし、明るく前向きで無邪気な七美の存在が次第に矢野の心を開かせていく。やがて2人はさまざま葛藤(かっとう)を乗り越えて恋を実らせるが…。

原題:僕等がいた 前篇 / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年3月17日 / 上映時間:123分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

映画『僕等がいた 前篇』『僕等がいた 後篇』Web版予告編

映画『僕等がいた 前篇』『僕等がいた 後篇』Web版予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:三木孝浩
脚本:吉田智子
撮影:山田康介
音楽:松谷卓

★【キャスト】
生田斗真、吉高由里子、高岡蒼甫、本仮屋ユイカ、小松彩夏、柄本佑、比嘉愛未、麻生祐未、滝裕可里、緑友利恵

★【感想・批評】

●映画フリー
この前篇は物語の要とも言える後篇をしっかり理解し楽しむための前菜という感じ。だけど、決して内容としては薄い訳ではなく、しっかり中身のある充実した思いの詰まった作品であった。実際に、この前篇と後篇に分けるにあたってこの前篇があったからこそ、この映画は上手い絶妙なバランスで成り立っていると思う。これを1本の2時間作品に仕上げたらこの映画の良作としての価値は多分台無しになって激減したと思う。いい判断でした。
●映画FUN 
高校生の「The 青春」という感じがストレートに良い。高橋の無邪気で真っ直ぐで純粋な心は、見ていて気持ちよかった。前篇の終わり方も気持ち悪い途切れ方ではなく、程よく後篇への余韻を醸し出す形でうまく仕上がっていた。少女漫画の実写化はものすごいムラがあって、場合によってはあまりにヒロインがクレイジーすぎて観客がドン引きになるのだけど、今作は役者の好演もあって、なんとかそのバランスを保っている奇跡の出来です。
●BILIBILI
高校時代の運命の出会いと恋を描いたラブストーリー、生田斗真君と吉高由里子ちゃんのどちらも素晴らしく、北海道釧路の景色が素晴らしい映画でした。真っ直ぐに人を愛するとは自分がどうしたいではなく、相手の幸せを一番に願うこと。その幸せのために自分が出来ることは何かを考えること、そして行動すること。当たり前のようで忘れてしまうこと考え方。恋愛のはじまりは自分本位になりがちだけれど思いやる気持ちはとっても大切な要素です。
●DAILYMOTION
キャスティング発表された時は「七美が吉高由里子って」と馬鹿にしていました。でも、ごめんなさい。めちゃくちゃ良かったです。「プラマイゼロ、むしろプラマイプラスだったよ」て耳元で告げるシーンなど泣き所はいっぱいあるけど、素朴な雰囲気を綺麗に描く映画のタッチが全体的に好きです。前編と後編で高校と社会と舞台が分かれているので、こういう構成に耐えられるのが、俳優を選ぶ理由として、この映画化の難易度をあげたのでしょう。