オマールの壁

壁によって分断された世界の若者たち

「パラダイス・ナウ」のハニ・アブ・アサド監督が、緊張下にあるパレスチナの今を生き抜く若者たちの現実を、サスペンスフルに描く。長きに渡る占領状態により、自由のない日々を送っているパレスチナの若者たち。パン職人のオマールは、監視塔からの銃弾を避けながら、分離壁の向こう側に住む恋人のもとへと通っていた。そんな日常を変えるため、オマールは仲間ともに立ち上がるが、イスラエル兵殺害容疑で捕えられ、秘密警察より拷問を受けることとなる。そこでオマールは、囚人として一生を終えるか、仲間を裏切りスパイになるかという究極ともいえる選択を迫られる。

原題:Omar / 製作:パレスチナ(2013年) / 日本公開日:2016年4月16日 / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給:アップリンク

★【スタッフ】
監督:ハニ・アブ・アサド
脚本:ハニ・アブ・アサド
撮影:エハブ・アッサル

★【キャスト】
アダム・バクリ、ワリード・ズエイター、リーム・リューバニ、サメール・ビシャラット、エヤド・ホーラーニ

【無料動画】

映画『オマールの壁』予告編

映画『オマールの壁』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 91%

第66回カンヌ映画祭のある視点部門で審査員賞を受賞。第86回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート。

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年5月1日) 
イスラエル政府による「セキュリティ・フェンス」という名目で、パレスチナ人による自爆テロ防止の大義名分のもとに建設された巨大な分離壁。その総延長は450kmにも及び、ベルリンの壁を超えるとてつもない長さです。監督は「これは占領下に閉じ込められ、厳しい状況に直面した愛についての映画」と言っているそうですが、捉える角度で見えるものも違ってくる作品。サスペンスとラブストーリーが融合しているが、そこに横たわるのは戦争だった。
SPACEMOV (2016年5月6日) 
パレスチナに住んでいる限り、いつ流れ弾に当たって死んでもおかしくないし、カフェに秘密警察が突入してくるのも茶飯事。圧倒的な力を持ったイスラエル軍に支配され続けている。そんな地獄のような世界でも、普通に家族はいるし、恋人もいるし、日常がある。もちろんその見方はパレスチナ側から見たもので迫害の末ついに約束の地にたどり着いたユダヤの民たちから見たら、まったく違うストーリーが見えてくるのだろうが。でも辛いのは同じだ。
DAILYMOTION (2016年5月10日) 
パレスチナやイスラエルや気になるけどなかなか知る機会がない土地の今。驚きが隠せなかった。重い題材なはずなのに爽やかな映像や青春、恋愛を含めて逆に残酷さや怒りが浮き彫りになる。ラストカットは何度も何度もフラッシュバックして、記憶に嫌というほど刻まれる。ただ、きつい場面ばかりじゃない。未婚女性が妊娠することの大きな罪になる世界で行われる初々しいロマンスも、日本にはないようなピュアさがあったなと印象に残ります。