リンカーン

リンカーン

アカデミー賞12部門ノミネートの名作

スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、努力と独学で身を立て大統領の座にまでのぼりつめる。しかし権力の座に安住することなく奴隷解放運動を推し進めたリンカーンは、一方でその運動が引き起こた南北戦争で国が2つに割れるという未曾有の危機にも直面していく。

原題:Lincoln / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2013年4月19日 / 上映時間:150分 / 製作会社:DreamWorks Pictures / 配給:20世紀フォックス / 製作費:6500万ドル / 興行収入:2億7500万ドル

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
ダニエル・デイ=ルイス、トミー・リー・ジョーンズ、サリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レビット、デビッド・ストラザーン、ジェームズ・スペイダー

【無料動画】

映画『リンカーン』日本版予告編映像

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 90%

第85回アカデミー賞で主演男優賞を受賞。

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月10日) 
アメリカにとって非常に重要な人物ですね。映画は南北戦争終結間近となる1865年からスタートします。リンカーンは2度目の大統領選挙に勝利し、リンカーンが最後に腐心したアメリカ合衆国憲法の第13条の修正案を可決するに至る取り組みにスポットをおいた伝記作品です。とにかく取捨選択が上手い。リンカーンの代名詞と言える例の演説もさらっとセリフで振り返るだけ。この媚びない感じはさすがスピルバーグ。シンプルな姿勢に感服です。
映画FUN (2016年4月30日) 
リンカーンの唱える「奴隷制度廃止」を一貫して描き上げた非常に真面目な映画であった。スピルバーグ監督作品は、エンターテインメント映画とシリアス映画がクッキリと区別されているように思えていたが、結局は「両者ともに、ある災難とか苦難に立ち向かうヒーローを描いている事」は一貫していると思う。そして、決して退屈しないのは凄い。歴史映画なので、ドキュメンタリーのように進みますが、僕はグイグイと話に惹き込まれました。
SPACEMOV (2016年5月23日) 
アメリカ万歳映画ではない。リンカーンを伝記的に描いたのでもなければ、その人格の素晴らしさを描いたものでもない。「政治家の本質」に鋭く迫った議会劇だ。リンカーンの功績とされる「奴隷解放」という理念は、何もリンカーンという素晴らしい人格者が天才的に生み出したものではなく、時代の流れにそった、やや凡庸なくらいのものとしても描かれている。この一歩引いた視線は素晴らしく、あえて彼の血塗られた手腕に光を当てるのだった。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする