ルームロンダリング

ルームロンダリング

ワケあり物件、浄化します

池田エライザが訳あり物件を浄化する羽目になったオカルト女子を演じたファンタジー。新たな映像クリエイターの発掘を目指しているコンペティション「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」で準グランプリに輝いたオリジナルストーリーを映画化。18歳で天涯孤独の身となってしまった、不遇の人生をおくる八雲御子。そんな御子の前に叔父の雷土悟郎が現れ、住む場所とアルバイトという当面の生きる希望が手に入る。しかし、そのアルバイトとは訳あり物件に住み、部屋の履歴を帳消しにする「ルームロンダリング」という変わった仕事だった。このアルバイトを始めたことで、幽霊が見えるようになった御子は、幽霊と奇妙な共同生活を送り、彼らのお悩み解決に奔走させられるはめになる。そんな中で御子は失踪した母親と再会を果たすが…。

原題:ルームロンダリング / 製作:日本(2018年) / 日本公開日:2018年7月7日 / 上映時間:109分 / 製作会社: / 配給:ファントム・フィルム 

【無料動画】

『ルームロンダリング』予告編

『ルームロンダリング』予告編

(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼無料動画を見る方法▼

「新作映画って、もっとお得に見れないのだろうか。もっと安くできれば、観に行く機会も増えるのに。いや、タダであったら間違いなく見に行くのに」そんな要望に応えるのが動画配信サービスです。実はこのサービスの中には、劇場で使えるクーポンをもらえるものがあります。それを使えば最大で無料で映画館鑑賞が可能です。お得すぎるから疑わしいかもしれませんが、これができるのがVODでポイントをクーポンに利用する人だけ。そこまで連発はできませんが、ここぞというときには便利です。無料お試し期間もあるし、その間もしっかりポイントが手に入るので安心して下さい。

では劇場公開も終わり、新作映画がレンタル配信されたら? そこでも動画配信サービスの出番です。どれで自分の見たい作品が視聴できるのが判断に困ったときはこのページを参考にしてください。視聴可能なサービスを紹介して、適宜更新しながら、レコメンドしていきます。紹介VODの動画リンクをチェックです。

『ルームロンダリング』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋、梅本竜矢
撮影:江崎朋生
音楽:川嶋可能

★【キャスト(キャラクター)】
池田エライザ(八雲御子)、渋川清彦(春日公比古)、伊藤健太郎(虹川亜樹人)、光宗薫(千夏本悠希)、オダギリジョー(雷土悟郎)、木下隆行、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えり

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.6/5.0 ???/5.00 3.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
池田エライザのまた別の一面が見れるユニークな一作でした。話が変わっているのが予告からも予想がつくのですが、それ以上に登場人物の愛嬌や素朴さにやられました。御子の成長を見守りながら、時には感情移入もしたりして、頑張れ!めげるな!と応援して背中を押したくなる気分です。テンポも小気味よく、音楽も衣装も舞台になっているロケーションもぴったりで、コンパクトな映画ですが、それがまた心地よい居心地を提供するいい映画です。
●映画FUN  
幽霊に全く動じない本人の特性を生かしたお仕事話から、娘自身が心傷を癒し次第に人との関わりに目を開いていく直球な成長譚へと飛躍していく人間ドラマ。その構成は無駄もなくシンプルでするっと理解できます。もっとオカルトな話だと思っていたのですが、全然問題ありませんでした。登場人物(幽霊も含む)みんな愛おしく、観終わって、優しさに包まれ、何とも言えない幸せな空気が起こっていました。こういう映画はたまに見るのがいいです。
●VIDEOEYNY 
幽霊が出るけど、ホラーじゃありません。今作を観るとワケアリ物件もいいかもと思ってしまいます。マネーロンダリングならぬルームロンダリングもいいじゃないですか。というか、本当にこんな仕事あるんですか。池田エライザの可愛さに救われました。作品によってはセクシーな役もやる彼女ですが、今回は素というか、普通に変な役。でもキュート。ちゃんと伏線を回収してくれるので期待していなかったお話も満足。結果、予想外の良作でした。