インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリー

シリーズ第2弾。家族に新たな危機!それは育児?

世界的に高い評価を獲得したピクサーの大ヒット作『Mr.インクレディブル』の14年ぶりとなる続編。スーパーパワーを持つボブたち家族は派手なこともない平凡な日常を送っていたが、ある出来事をきっかけに、母ヘレンがイラスティガールとしてヒーロー活動をすることになってしまう。多忙になった彼女の代わりに家事と育児を任されたボブは、慣れない仕事でしかも底知れない能力を秘める息子ジャック・ジャックの世話に悪戦苦闘。そんな中、新たな敵が家族の前に立ちはだかり、事態は大きく動き出す。

原題:Incredibles 2 / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開日:2018年8月1日 / 上映時間:118分 / 製作会社:Pixar Animation Studios / 配給:ディズニー / 前作:『Mr.インクレディブル

★【スタッフ】
監督:ブラッド・バード(関連作品:『トゥモローランド』)
脚本:ブラッド・バード
音楽:マイケル・ジアッキノ

★【キャスト(キャラクター)】
クレイグ・T・ネルソン(ボブ・パー/Mr.インクレディブル)、ホリー・ハンター(ヘレン・パー/イラスティガール)、サラ・ボーウェル(ヴァイオレット・パー)、ハック・ミルナー(ダッシェル(ダッシュ)・パー)、キャサリン・キーナー(エヴリン・デヴァー)、イーライ・フシール(ジャック・ジャック・パー)、ボブ・オデンカーク(ウィンストン・デヴァー)、サミュエル・L・ジャクソン(ルシアス・ベスト/フロゾン)、マイケル・バード(トニー・ライディンガー)、ソフィア・ブッシュ(ヴォイド)、ブラッド・バード(エドナ・モード)、フィル・ラマール(ヘレクトリクス)、イザベラ・ロッセリーニ(大使)、ジョナサン・バンクス(リック・ディッカー)、ジョン・ラッツェンバーガー(アンダーマイナー)、ビル・ワイズ(スクリーンスレイヴァー)

【無料動画】

映画『インクレディブル・ファミリー』第2弾特報

映画『インクレディブル・ファミリー』第2弾特報

(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
8.4/10 94% 80
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
前作よりも好きです。続編というのはどうしてもマンネリ化が起こることもありますが、今作はそんなのノープロブレム。1作目を上回る面白さに驚きの連続で、観客を常に新鮮な興奮へと引き込んでくれます。ヒーローものは興味無いなんていう人も心配いりません。むしろこの映画はそういう人のために作られているところがありますから。テーマも家族のあり方というすごく普遍的なものですので、安心して見ることができると思います。
●映画FUN  
おかえりインクレディブルファミリー。長らく待ち続けたかいがありました。実写映画なんじゃないかってくらい迫力のあるアクションシーンで、技術レベルの進化を強烈に実感しました。結構、月日が経ちましたから、それはもうCGのリアリティが桁違いにパワーアップしています。1作目を観ておくと、余計にそう感じるはずです。今の社会をふんわりと示唆するような家族の設定もいいし、この安定感はさすがのピクサーで感心しきり。
●CRUNCHYROLL 
本当、笑う要素も沢山ありながら悪に立ち向かう絆で感動もするという贅沢な一作。これ一本見ておけば、しばらく映画はお腹いっぱいというくらいのボリュームです。ヒーローのファンソングが劇中で口ずさまれるのですが、それがエンドロールで流れるなどの凝り具合も最高で、あらゆる部分でこだわりが光ります。続編なんて作ってどうするんだという批判もあるかもしれませんが、そんな戯言は吹き飛ばすほどのパワフルな作品でした。
ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする