告白小説、その結末

告白小説、その結末

作者さえも知らない、戦慄のミステリー

原題:Based on a True Story
製作:フランス・ベルギー・ポーランド(2017年)
日本公開日:2018年6月23日
上映時間:100分
製作会社:
配給:キノフィルムズ
製作費/興収:

「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」の鬼才ロマン・ポランスキー監督が、フランスの女性作家デルフィーヌ・ドゥ・ビガンの小説「デルフィーヌの友情」を原作に、ふたりの女性が織り成す危うい関係を軸に描いたミステリー。自殺した母親との生活を題材にしてつづった私小説がベストセラーとなって一躍有名になった作家デルフィーヌ。ところが、その後はスランプに陥ってしまい、困り果てる日々。そんな彼女の前に、熱狂的なファンを自称する、見ず知らずの女性エルが現れる。本音で語り合えるエルに信頼を寄せ、共同生活を始めたデルフィーヌだったが、エルが時折みせるヒステリックな一面や可解な言動に次第に自分ではどうすることもできないほど翻弄されていく。やがてエルの壮絶な身の上を知ったデルフィーヌは、その話を小説にしようとするのだが…。

★【スタッフ】
監督:ロマン・ポランスキー(関連作品:『毛皮のヴィーナス』)
脚本:オリビエ・アサイヤス、ロマン・ポランスキー
撮影:パベル・エデルマン
音楽:アレクサンドル・デスプラ

★【キャスト(キャラクター)】
エマニュエル・セニエ(デルフィーヌ)、エバ・グリーン(エル)、バンサン・ペレーズ(フランソワ)、ドミニク・ピノン(レイモン)、ジョゼ・ダヤン(カリーナ)、ブリジット・ルアン、ノエミ・ルボフスキー

【無料動画】

映画『告白小説、その結末』2018.6.23(土)公開 予告編

映画『告白小説、その結末』2018.6.23(土)公開 予告編

(C)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 劇場公開中の新作映画をお得に鑑賞できます

    ●劇場公開映画を無料で見るなら「U-NEXT」がオススメ!

  • 動画配信サービスは劇場公開が終わった作品を見るためのものだと思っていませんか? 実は劇場公開中の映画を見たい人にとっても見逃せないサービスです。
  • 動画配信サービス大手の「U-NEXT」は、毎月もらえるポイントで映画館で使える割引クーポンをゲットできます。最大で映画館で映画1本を無料鑑賞できます。
  • 登録からすぐにクーポンを手に入れられるので今すぐ映画館で鑑賞をしたいのであれば、ぜひ利用してはどうでしょうか。もちろんクーポンを手に入れておしまいではなく、様々な動画配信サービスで過去作や関連作を合わせて鑑賞するのも良いでしょう。
    ●劇場公開映画を安く見る方法は他にもあります!

  • 事前にどの映画を見たいかハッキリしている。そんなときは「ムビチケ」。最大400円安くなるお得な価格で映画のチケットを事前に購入できます。
  • 映画館によっては、鑑賞料金が安くなる曜日や、メンズデイ・レディースデイが設定されています。また各種ポイントサービスでたくさん見るほどお得になることも。映画好きは皆、利用しているテクニックです。
  • 無料ではありませんが、とくに家族や友人など大勢で鑑賞する際はお得度が大幅にアップ。皆でお得に大迫力のスクリーンで鑑賞しましょう。

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
5.6/10 50% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
coco映画 ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
予想していたよりも斜め上で怖い話だった。明らかに屈折した人間の感情が暴発していくさまを見せられていく恐怖。観客を物語の行間に閉じ込めてどん底に突き落とす鬼のような苦行。この監督はいつものながら容赦がない。さすが世界から居場所を失って追い込まれただけの体験を持つ人間だ。他人不信とまでいかないが、人の裏を見透かすような視線はなんとも気まずい気分にさせる。物語も人生もスローテンポで進行し、後半から突如動き出すのだ。
●映画フリー 
自殺した母親に纏わる私小説がベストセラーとなったものの、その後スランプに陥ってしまった、定番の転落キャリアを突き進む作家デルフィーヌの前に、熱狂的なファンを自称する女性エルが出現。しかも、その存在は何か気になるものが。ミステリーというよりも、サイコサスペンスのような、背筋がゾッとするような怖さが襲ってきます。ついに衝撃のラストで一気に体温が5度下がった気がします。これはいい冷却材になります。精神的にキツイけど。
●FANDANGONOW 
なんとも怪しい映画。怖さはないが人の心に入り込んでその人を私物化しているような、目を伏せたくなる感覚が嫌な雰囲気を体中にまとわりつかせる。エヴァグリーンの妖艶な眼差しと不気味な演技がなんといっても印象的で、画面にくぎ付け。この話はネタバレなしで、前情報なしに鑑賞するのがベストです。そして絶対に驚くはずです。赤いマニキュアの妖艶なエヴァグリーンの変貌をお楽しみください。それはホラーではないですが、恐怖です。